本学の学生との勉強会

e0021719_16145860.jpg



一回生のマダイです。
今日、近畿大学の本学がある長瀬キャンパスに勉強会をしに行きました。
奈良にある農学部ASANTEのメンバーはせつこさん、カワコンさん、ハカセさんと僕でした。
僕の友達の本学にいる、やんちゃん、ちっひーが主催してくれて、実現しました。

本当にありがとう。

当日はフェアトレードに興味のある人がたくさん来てくれました。
人権サークルに所属の方、経営学部の方、文芸学部に所属の方など。
僕たちのキャンパスは農学部しかないので、色んな学問を学ぶ人と出会え新鮮でした。

本当に来ていただき、感謝です。


交流会をしながら、大学の食堂のおいしい料理を食べた後、
勉強会を始めました。

内容は
フェアトレードの仕組みについて
ASANTEの活動
僕が好きな中田英寿さんの活動について
そして、
オックスファム著書の
「貧富・公正貿易・NGO」の第四章「市場へのアクセスと農産物貿易について」
僕がメインで発表しました。


本の内容ですが
先進国は途上国からの輸入に対して、かたくなに保護主義を貫いていること。
それは、先進国が利益を出すために途上国の輸入品に関税や貿易障壁をつくっていることを発表しました。

途上国が扱う農産物に対して、先進国が行っていることにもたくさんの問題があることを知りました。

問題として

先進国が出す補助金の質と量
やむことのないダンピング輸出
ダンピング輸出が途上国に及ぼす影響 を挙げ

その影響で貧困を生みだしていることを発表しました。

今回知った問題に対して、僕たちがどのように感じ、行動していくかが大事だと思います。
国内でできることを実践し、またオックスファムがしているアドボカシー、キャンペーンなどに参加し、先進国に訴える必要もあると感じました。


これからも学習会をし、考え、みんなで行動していきたいです
[PR]
by asante-fair | 2009-02-04 22:40 | 勉強会
<< 学祭 かざぐるま クリスマス会 >>