<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロゼーラ調査報告会

夏休みが終わり、後期の授業がはじまりました!
3回生ハゼです。ASANTEはこれから、学祭にむけてバタバタしてくることと思います。

今回、タンザニア、タイに調査に行かれたT先生が、ロゼーラ調査報告会を開いてくださいました。
非常におもしろいお話をしてくださり、また、なかなか目にすることのできないタンザニア国内の写真を見せていただくことができました。

先生はもともと、タンザニアで唯一(?)以前から農民によってロゼーラが生産されていたコンドア県を訪問されました。地元のランギ語では、ロゼーラは「choya チョーヤ」と呼ばれているそうです。

ちなみに、タンザニアの首都ダルエスサラーム市の中央市場の店員は「血のチョーヤ」と呼んでいたそうです。ロゼーラには、マラリアなどの病後に造血作用があるのだとか。。。うむむ。みなさん、献血前後にはロゼーラを飲みましょう!また、ロゼーラにはエイズ抑制効果もある?!ということもお聞きしました。ここまでくるとロゼーラってすごすぎる。万能ですね。

ロゼーラは、お酒の材料として多くが生産されてきました。その背景には、中部の乾燥地帯では、政府によってとうもろこしなどの穀類を酒造に使うことを禁止されていたので、かわりにお酒がつくれる作物として注目されたという事情があるのでは?とのことでした。

しかし、ロゼーラはあまり売れず、市場がなくて、自然に生えたまま放置されている状態のようでした。今はヒマワリが売れるので、人々はそちらの栽培に力を入れているそうです。

ロゼーラは市場では売れていませんが、まずは生産者が自分達で使用用途を見つけ、それを根付かせることが大切という話を聞きました。

その後、スライドショーでタンザニアのロゼーラと、タイで育つロゼーラを見ましたが、その違いに驚きました。タンザニアのものだけを見ていれば不思議には思いませんでしたが、タイのよく育ったロゼーラに比べると、タンザニアのロゼーラはひょろひょろの枝にぽつぽつ実がついていて、どうしても見劣りしてしまうような。。。気候の違いが影響してるんでしょうか?


あと、ここからはおまけ?です。

アフリカには、モリンガという植物があります。
タンザニアでは、ロゼーラとモリンガの粉末を混ぜて飲んだりしているそうです。

モリンガは「奇跡の木」「生命の木」「薬箱の木」とも呼ばれます。地球上で現在までに発見された食べられる植物の中で、最もバランスよく豊富な栄養素を含んでいるのだとか・・・。そして荒れた乾燥地や汚れた水しかない地域でも、半年で4~5m育ち、水質浄化作用もあると謳われている、何だかすばらしい木です。

ロゼーラと飲むと薬効がすごそうですね。

今回、このモリンガの種をいただき、ASANTEメンバーみんなで食べてみましたが、
その味は・・・・・・すごい。珍味です。苦味と甘さが同時に来ます。う~ん。機会があれば、ぜひお試しください。
e0021719_11274068.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-30 22:42 | ロゼーラケーキ

畳の部屋で勉強会

9月になりもうすぐ学校が始まりますね。皆さんはどのようにお過ごしですか?

ASANTE夏合宿の初日(2007/8.8)について書かせてもらいます。三回の和保です。
参加者はOB長谷川さん、笠松、瀬戸、田中、松村、丸谷、和保です。
今回は合宿ということで雰囲気を変えて、長居ユースホステルにお世話になりました。少々、仲間内や部屋のトラブルがありましたが和やかに始まりました。

当日の流れとしては合宿の説明、勉強会、一回生のやりたいこと(仕事分担表作成)、ASANTEの目的作り(規約+HP)、食事、入浴、秘密の作戦会議、OBによる語りとなっていました。

勉強会では「コーヒー」担当笠松と「綿花」担当瀬戸が行いました。
まず、コーヒーについてですが熱帯かつ高度によって育てる種が違います。6割占めるのがアラビカ種で高度800m以上のところで栽培されています。あとの4割を占めるのがロブスタ種で主に低地で栽培されています。コーヒーは世界の輸出額第3位の位置にあり、小麦、ワインに続いています。コーヒーの生産量の重さから見ると76.7%を輸出しているそうです。1番生産しているのがブラジルで2位がベトナムとなっています。ベトナムはここ最近、急成長してきいます。それは政治・経済が関係しているようで、1986年にドイモ政策を行ったことが大きく影響しているようです。今、大量生産のしすぎて需要を上回っています。60万トンものコーヒーが余剰となっているそうです。
ここで個人的に疑問に思ったのがFTコーヒーの生産量が1番の国などです。
 次、綿花についてですが以前2006年4月1日の勉強会でも使用した資料を利用し行いました。気になる方は資料を確認してください。綿花の利用として油がとれ、搾りかすは肥料・家畜のエサとして利用できます。19Cに綿花はアメリカ南部の主要農作物として多くの黒人奴隷がプランテーションで働かされました。プランテーションで作られる農作物は商品作物であり、飢餓の原因となります。国際市場では発展途上国と先進国が入り乱れて競争しています。アメリカ・EUでは綿花栽培者は国からの補助金をうけて綿花を安く販売するダンピング販売が行われています。綿花を育てるの大量の農薬を使用します。その農薬の使用量はコーヒー、タバコを抜いて1位です。オーガニックコットンと言うものがあります。3年間、農薬や化学肥料を使わず栽培された農地で、無農薬・化学肥料を使用せず生産された綿花のことです。それは栽培農家を助け、無農薬で人のためにも良い製品です。難波にもオーガニックコットンを扱っている店があるらしいですがどこにあるかはわからないです。

一回生のやりたいこと!では一人一人に何でもいいのでしたいことを聞いてみました。
松村:公認団体とスペースが欲しい、また商品展示
    商品の食べ比べ、飲み比べがしたい
    各団体の交流を深める!(泊まらせてもらえるくらいに)
    ASANTEが考えたFT授業を取り入れる!
    夏祭りでFTのアイスコーヒーを販売したい

丸谷:ロゼーラケーキを外に広めたい。(イギリス・カナダの友人を利用できるかも)
    外で講演をしたい!(地元の高等学校に相談)

田中:知識を深めたい
    貧困の人々に何ができるか、役にたちたい
    本学にも広める(文芸と経済の先生と松村が知り合い?)

ASANTEの目的作り(規約+HP)は規約を借りて、それを見ながらASANTE風に改良して文章をつくっていきました。もうこの頃には皆さんお疲れのようで寝てしまう子もいましたがなんとか終わりました。
終わってから夕ご飯を買いに出かけるときにはもう辺りは暗くなっていました。その流れで笠松と僕は家に帰宅するので駅で他の人と別れました。
OBの方は9時くらいにご到着予定で会えませんでしたが何を語られたのか気になります。どのような話かは泊まった人に聞いてみてください!

今回、学校とは違う雰囲気の場所で行ったので新たな気持ちで良かったと思います。予約等ありがとうございました。遅くなりまして申し訳ありません。
e0021719_2013377.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-10 23:28 | 日記

淡路島旅行

 おはようございます。1回生の川上です。
かざぐるまさんと利用者の方々と一緒にボランティアとして、1泊2日の淡路島旅行に行ってきました。参加したのは、3回生の長谷川さん、1回生の松村君、田中君、川上です。かざぐるまに着くと、それぞれ行動する班に別れ、付き添う利用者さんが決められました。そしてバスに乗り、神戸花鳥園というところへ行きました。
 花鳥園には花がたくさんあり、キレイでした。利用者さんたちと手をつないで歩き、花や鳥を見ました。ペンギンやクジャク、フクロウなどがいました。フクロウはほとんど動かず、残念でした。
 その後、パルシェ香りの館というところに行きました。そこではみなさん買い物(お土産)をしたりソフトクリームを買って食べたりしました。バラ味など珍しいソフトクリームがありました。
 次に、たこせんべいの里というところへ行きました。ソース味、梅味、たまねぎ味、わさび味などいろいろありました。それぞれ試食が出来ます。
 ホテルは思っていたよりも広く、大浴場もありました。ホテルに着くと、今度はそれぞれ宿泊する班に別れ、各部屋に向かいました。部屋に荷物を置いた後、みんなでお風呂に入りました。利用者さんの背中を洗ってあげたり、しゃべったりして楽しかったです。
 その後、部屋に戻り6時に夕食です。お肉や魚、釜飯、お刺身などとてもおいしいものばかりでした。利用者さんの中には、食膳、食後、就寝前に服薬が必要な方がいらっしゃいます。夕食も半ばになると、カラオケが始まり、利用者さんたちが歌い始めます。みんな手拍子をしたり、壇上で踊ったりして、盛り上がりとても楽しい時間でした。歌がうまい方が多いことに驚きました。
 寝る時間、僕と同じ部屋だった利用者さんは、比較的おとなしい方だったのですが、1人、独り言を言う人がいてその人はなかなか寝付いてくださらず、独り言で他の利用者さんも起こしてしまうので大変でした。次の日、朝食は和食でした。
 朝10時ごろ、ホテルを出て淡路島牧場というところへ行きました。牛の乳搾りや仔牛にミルクを飲ます体験やポニーメリーゴーランド(本物の馬によるメリーゴーランド)、馬のえさやりが出来ます。利用者さんの中で馬が怖いという方がいて、その人にみんなえさやりをさせようと一時盛り上がりました。お昼はバーベキューをしました。
 次に、うずしおを見に行きました。うずしおがなぜ出来るのか、音声ガイドが言っていたのですが。そこは聞き逃してしまいました。見られたうずしおは、少なかったのですが、始めて見るうずしおに感心しました。船内は風が気持ちよく、椅子に座っていると眠気が襲います。田中君や長谷川さんも最後のほうは寝ていました。
 最後の観光地、淡路ハイウェイオアシスでは、皆買い物をしました。アサンテにもお土産を買いました。ハカセは、実家へのお土産をたくさん買っていました。
 この旅行を振り返って思うのは、僕は障害を持っている人に対して、偏見を持っていたんだなあということです。障害を持ってかわいそうだと思っていました。しかし、全然、そうではありませんでした。話しかけるといつも笑顔で話してくれたり、この人たちは、人を疑ったり、恨んだりしたことがあるのかと思うくらい、純粋で誰に対してでも明るく接してくれます。こちらも穏やかな気持ちになります。
 今回、旅行に参加させてくださったかざぐるまさん、忙しい中米田さんと連絡をとってくださった瀬戸さん、ありがとうございました。
e0021719_2036390.jpg
e0021719_20362912.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-10 11:30 | ロゼーラケーキ

Love Earth

せつこさんではないですが本当に月日がたつのは早いですね。
このイベントから早3ヶ月が経とうとしています。

すみません、遅れました!!

このイベントは大阪の弁天町であり、午前中は遺伝子組み換え作物についてのDVDを見ました。
内容はなかなか驚きで会社がえぐいと思わせられる内容もありました。
例としてジャガイモのお話ですが昔アイルランドで同じ品種のジャガイモをよく取れるからと植えました。害虫がたくさん出たのでジャガイモはほとんど死んで、ジャガイモしか植えてなかったアイルランドの人々は大勢が餓死したそうです。
この話では種類の多様性の重要さが示されました。
いまでは生産技術などの関係で種類が減り、昔ながらの抵抗力が強かったり個性のある野菜が少なくなっています。

そして緑の革命について。
の革命とは簡単に言うと品種改良です。一代だけ、要するにその作物の種から生まれるのはたいていへなちょこですが、植えられてマニュアルどおりに育てられたらたくさん取れるという作物がつくられました。しかしこれではその土地に適応した作物ができないという欠点があります。
さらに毎回植える度に種を買うので種を売っている会社は毎回設けることができるという作物でもあります。
また、品種改良作物は大変すごく考えられた作物です。これは農薬、化学肥料などの使用が前提なので、これらの会社も毎年必ず儲かるというよく考えられた作物です。ちなみに今日本ではお米を作るのに機械を入れたりしたら赤字になるそうです。

そして遺伝子組み換え作物。だいぶ省きますが、現在アメリカでは種に特許があり、遺伝子に特許があります。この特許があるということは購入していない畑から特許をとった遺伝子が入った作物が生えていた場合特許を侵害しているので、訴訟が起こされます。
しかし植物ですので運搬の途中で落ちて生えたり、隣の畑の作物の花粉が飛んでくるなどして混じります。そうした結果2000件以上もの農家が訴えられているそうです。

続いて午後ですが中村隆市さんの講演です。
ご自身がかかわっているスロービジネスについてと原発関係についての講演でした。
スロービジネスはフェアトレードと同じような考えで行われるものです。これについてはナマケモノ倶楽部を見てもらえば詳しく載っています。
ここでは原発とs再処理工場について。
青森県の六ケ所村に原発で出る核燃料の再処理工場がつくられていますが、その結果農産物や海産物が汚染されます。これは青森県も認めていることで、その汚染度は一年間で米が90ベクレル、魚が300ベクレル。
比べる対象として政府がチェルノブイリの事故のとき輸入禁止した汚染度が370ベクレル、中村さんが勤めていた正教の基準は10ベクレルです。(輸入されなかった作物は発展途上国などの貧しい国に送られたそうです)
さらに子どもほど影響を受けやすいので再処理工場の近くなどでは子供の白血病などの割合がほかよりも高いとか。
ほかにもまだまだあるのですがより詳しく知りたい人はぜひ公園などに参加して聞いてみてください。
最後に、ドイツの再処理工場は安全性の問題から稼働が中止されています。

追伸
このイベントに参加したのは私ハカセ、せつこさん、笠松さん、丸谷君でしたが私以外は午後から来ていてブースを手伝っていたそうです。(下で販売などのブースがありました)
よって私は約10分ほど会話して京都に向かったので詳しく何をしていたのかは知りませんw
e0021719_14123260.jpg
e0021719_1413739.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-08 05:00 | 日記