<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タンザニア勉強会

残暑お見舞い申し上げますー。2回の瀧山です。
この度は、大阪は森ノ宮でタンザニア勉強会が開かれた次第をお伝えしたいと思います。

今回のタンザニア勉強会は、2回の矢田さんを筆頭に1回生の丸谷くん、川上君、松村くんが
発表をしてくれました。
まず、丸谷くんの地形、気候、産業、教育の話から始まり、川上君の鉱業や社会政策、農業、そして松村君の文化や宗教の話などタンザニアの様々なことについて発表をしてもらい、それから矢田さんからASANTEとタンザニアのロゼーラのつながりについて、いろいろ説明を受けました。

肝心の内容ですが、私がおもしろかったことを箇条書きにて

・タンザニアはキリマンジェロの山の高さに始まり、ナイル川の長さ、ビクトリア湖の大きさなど
 アフリカで1位を誇るものを持つ。
・「星の王子様」とかに出てくるバオバブの木を有効活用している。大きな白い花が咲くらしい。
・タンザニアのダイアモンド量は、世界のダイヤモンドのわずか0.5%のみを占めるだけだけれ  ど、それは現地の人達には大きなお金であり、鉱業のおかげでタンザニアの経済が拡大している。
・イスラム教の一夫多妻制により子供が多くなり就学率がとても低くなる地域がある。全体的に見ても 教育水準が低く、小学校から中学校に上がれる子供は15%である。(首都圏は別という話)
・体罰は1日6回までと決められた決まりがある。
・世界大戦中にお金の分配が少なくて資本主義になりきれず社会主義になった。
・中心産業は農業であるけど成長率が低い。気候に左右されやすい農業だという話。
・コインが国のトップの位置にあった歴代スルタンの柄である。
・多部族制で、それぞれ文化も食べ物、嗜好も信仰も違う。
・どうも儀式重視の色合いが強い部族が多く、現代においても自分たちの文化の誇りを持って暮らす部族もいる(例えば有名なマサイ族)。

という感じです。うぅ、そんな感じでございます。もし間違ってるところがあれば恐縮。おおいにつっこんでやって下さい。
一回生がメインでやっていたのですが、いろいろ参考資料や本などをいっぱい回してくれたのでわかりやすく、文化の話などとてもおもしろかったのでしっかりしていて、すごいなぁと思いました。
今回の勉強会ではなかなか勉強不足だったタンザニアの側面について(気候や地形、社会や文化など)について知ることができたのでとてもいい機会になったと思います。

そんな所ですが、今回の夏ASANTE会では、また新しい一回生に会えたり(おもしろいです。)
OBって感覚ではまったくないのですが(失礼な意味ではありません!)長谷川さんに久しぶり?に会えたりと、なかなか良いめぐりあわせでしたので、私的にはとても楽しかったです。うん、なんか勉強くさくないことばかり書いてますが(というかそれしか書いていない汗。)、夏休みボケてますので許してやってください…。すみません、先輩のかけらもございません(T_T)
では乱文長文駄文のダメダメコンボで失礼しましたー。
e0021719_17495496.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-08-11 02:17 | ロゼーラケーキ

つばきさんと奈良の人たち

7月18日つばきさん親子と平群里山クラブと自然農法で知られる川口さんのお宅へお邪魔しました。
参加者はT先生と私ハカセです。
平群里山クラブの方々は山の中に竹を刈って整備されている団体です。
HPもありますが見た感想としてはある意味近大の里山より凄いです。
大変気さくな方ばっかりで娘さんも興味深そうにT先生と一緒に山の中の畑を見て回っていました。
つばきさんもロゼーラについて聞かれたりタンザニアについて地図つきで説明したりなどいろいろなお話をされていて交流も深められたようでした。
娘さんはというとなんと平群里山クラブの中に英語がうまい方が何人か折られて英語で見事にコミュニケーションされていました。
・・・・・英語力の大切さを痛感しました。
お食事においしい黒米のカレーをいただきました。そして食事の後椿さんたちが能を舞う舞台でタンザニアの国家と日本の歌を歌ってくれました。ちなみに歌は私があまり知らないのと、どうやらかなり古い歌のようなのでわかりませんでした。
おみやげにつばきさんにまな板、娘さんに木工クラフトが差し上げられていました。
交流会が終了したときある方が日本の歌をもう一つ覚えていってもらおうと、ピアニカを出し、「ふるさと」(うさぎお~いし、って歌です)をBGMに平群里山クラブのkati-kati山を後にしました。ちなみに参加大歓迎だそうです。
そして川口さんの畑へ。
川口さんの畑は一言で言うと周りから浮いています。田んぼにしても畑をある程度分けて、水路を作り、そこに水をいれ田自体はぬかるむ程度です。
つばきさんだけ中に入りましたが普通の靴ですし、土がふかふかで今年の草があるので図ぼっとはまったりしません。とてもふかふかですし、あたりにしょっちゅうカエルなどが見られました。
つばきさんと川口さんはお互い農に長い間携わってきた人だけあって熱心に話されていました。
つばきさんも川口さんの自然農について熱心に聴いておられていました。
川口さんもつばきさんのタンザニアでの農業経験、農業の話などについて熱心に聴いておられました。このふたりの雰囲気に農に携わる人たちの、一つの何かについて知識を深めてきた人たちの何かを見た気がします。・・・・・・わかりづらい説明ですみません。
タンザニアの伝統農業と自然農に共通することもありこちらも勉強になりました。
畑を見学した後、川口さんのお宅で今までの記録を見せていただきました。一株の稲が三十株以上に分岐した写真、川口さんの歴史を見せていただきためになりました。
興味がある方は川口さんのところである妙なる畑の会や赤目自然塾に顔を出されてもいいかと思います。
川口さんにつばきさんがロゼーラケーキを差し上げ、ほかに平群の方がお土産を差し上げて川口さんとの交流は終わりました。
[PR]
by asante-fair | 2007-08-02 10:59 | ロゼーラケーキ