<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

勉強会1 ~企業・NGOのフェアトレード~

4月26日木曜 6限に、2007年度はじめての勉強会を行いました☆
場所は環境政策のゼミ室・・・

今回のお題は「実際にフェアトレードを行っている人たち」について。

簡単にフェアトレードを行っている団体などについて説明し、
FTSNなどの説明も行った後、

日経スペシャル 「ガイアの夜明け」という番組に特集された
people treeサフィア・ミニーさんのビデオをFTコーヒーを飲みながらみんなで鑑賞しました。

サフィアさんは実際に企業して、東京でフェアトレードビジネスをされている方。
フェアトレードに興味をもつ大手企業「イオン」や、サフィアさんがサポートするバングラデッシュの生産者たちのことを見て、「学生ができることって何だろう?」ということをみんなで考えました。

今回のプレゼンターはレナちゃんとわたくし、せつこ。
参加者は
ピッカピカの1回生が5人!!
それにあわせて
ゼミ室に残っていた環境政策ゼミのメンバーや
農学部の音楽研究会のメンバーが参加してくれました☆

いつもとはちょっと違った雰囲気のなかでの意見交換となりました。

つらい資金のなかで生産者のためにやりくりするサフィアさんを尊敬する一方で、 
 ビジネスとして成り立つのか?
 日本と途上国の文化的な違いによる商品への考え方の違い
 こういうことを教えてくれるところがない。     

などの感想をもった私たちがこの短い時間で出した結論は

・考えをもち続けること
・自分のライフスタイルを見直すこと
・情報を発信していくこと
  さりげない会話の中で/DVDや本などを貸し出す/上映する
・購入できる場所を提供する

ビッグに企業!なんて答えも出ました。

短い時間だったので、これだけがすべてではありませんが、
本当にひとつひとつが大事なことだと思います。

みんなでこんな風にフェアトレードについて考えられたのは
本当に尊い時間でした。

フェアトレード知っているつもりだったけど、知らなかったことに気づいた。
安さの裏側を知ることができてよかった。
という感想を聞けて、本当にうれしかったです!!
自分たちが行っている活動の意義を垣間見れた気がしました。

あと、コーヒーの豆をけちるのはやめます。薄くてすみませんでした!

次回の勉強会テーマは「食糧・飢餓」 

今回参加できなかったメンバーや新たに参加されたい方はぜひいらしてください☆
お待ちしておりますよ♪

せつこでした☆e0021719_13285341.jpg
[PR]
by asante-fair | 2007-04-27 17:11 | 日記

新入生歓迎会 ~貿易ゲーム~

3回生 せつこです♪

21日の健康診断のあと、
新入生歓迎勉強会を開催しました!!場所はキャンパスの101号室でした。

今回の内容は、新入生歓迎会恒例?貿易ゲームです!
ABCDそれぞれのグループ(国)に別れ、規定の商品を作り、
それを売った額を競い合うこのゲーム。

最初はとまどう1回生でしたが、ゲームが進むうちに次第に
製品を作ることに熱中!静かなデッドヒートが繰り広げられていました。


C国の人間(ぺち)が市場から「型」を盗みだし、世銀と交渉して金をぶんどる。
などのハプニングも・・・
うっかりとられてしまった、ブラックマーケットは私でした笑
ああ。悔しい。

けれど、貿易ゲームの悲しさかな・・・
世界の格差は変えられず、Aのダントツ優勝でBCDという順位の結果となりました。

ABの先進国、CDの途上国の格差を身をもって体験して
1回生からは「勉強になった。仕組みにびっくりした。」という声もいただきました。

この声をもらっただけで、なんだかやった甲斐があったな!
という感じ。

準備に奔走してくれたわっくんをはじめ、当日がんばった皆さんお疲れ様でした☆

今回参加した1回生さんもこれを機会にぜひ、気軽にASANTEに遊びにきてくださいね♪

お待ちしております☆
 
[PR]
by asante-fair | 2007-04-27 16:43 | 日記

食糧・環境・格差 ~フェアトレードから考える~

2回生の矢田です。
今日は上記のタイトルで池上先生の講演会&エコプロ、イケメンを巻き込んだ新入生歓迎会をしました!

今日は授業開始後2日目です。
そして新歓は2時間目にやりました。
つまり・・・広報活動が足りない!!
準備が遅かったことは新歓メンバーとして大きな反省点です。
申し訳ありませんでした!

で、本番はどんな感じだったかと言うとですね~・・・
しょっぱなからパソコンの接続が上手くいかないというハプニング!
しかし坂上先生のご協力もあって、
(ほんとうにありがとうございました!)
10分ほど遅れて講義開始。
新入生は真剣に講義に聞き入っている様子で嬉しかったです。
そして私も興味津々☆
ASANTEだからこその講義の聴き方が出来た気がして嬉しかったです。

その後は私のつたない商品紹介を終えての
ASANTE、エコプロ、イケメンの団体紹介。

我らが代表せつこさんのASANTE紹介はとてもよかったと思います!
何をやっているかがきちんと伝わったのではないでしょうか。
スライド自体や写真の使い方も効果的で、「さすが3回生は違うな~」と思いました。

エコプロ紹介は代表・雨内さんと2回生の三島さん、荻野くん。
いつみてもおもしろそうな活動しています。
学祭以外でも何かいっしょに出来たらいいな~♪

イケメン紹介はASANTEにも所属しているわぼっち先輩でした。
先輩は場を和ませるのがとってもお上手でした。
先輩のおかげで笑顔が増えた気がしました。
さすがです♪

最後に、
素晴らしい講演をして下さった池上先生、
土壇場で助けていただいた坂上先生、
プリント作成等に協力してくれた各団体代表の皆さん、
ポスターを作ってくれた広報班の皆さん、
直前にも関わらずキッチリ文章の構成をしてくれたペチ先輩、
授業ジャックに走り回ってくれた笠松先輩&せつこさん、
コーヒー、チャイを一人で作ってくれ、運ぶのまでしてくれたじょにー、
そして本番に細かいところまでサポートしてくれた皆様、
とっても感謝しています。
ありがとうございました!



21日はASANTEのみの新歓です。
当日行けない人も準備などお手伝いお願いします。
飲み会のみの参加も大歓迎です☆
[PR]
by asante-fair | 2007-04-10 22:53 | 日記

ASANTEの春休み③ 冊子作成しました!

新3回生の久光です。なにげに初投稿です。

 遅くなりましたが春休み中にASANTE通信冬号を発行しました!!

冊子の内容

GMOシンポジウム
文化祭
Fair&Happy
Shop紹介

新しい体制になってはじめての冊子作りということで…。結構手探りな感じでした。

編集作業は学校のパソコン室であつまってみたり、ダイエーで集まったりして進めていきました。作業が終わったあとはドーナツ食べて和んでみたり。(笑)春休みだったので最終的にはパソコンでのやりとりで完成までたどり着きました。

 今回は監査のペチにはかなりお世話になりました。時間がない中、文章公正や配置など編集作業をかなり頑張ってくれて、本当にありがたい存在です。今回の編集作業の中心人物と言っても過言ではないでしょう!!
 また、たっきーちゃんもパソコンにあまりなれていないながら、写真の挿入作業や表紙など頑張ってくれました。この調子で、これからも少しずつパソコンの遊び方(?)を覚えてくれたらいいなと思っています!
 
 もちろん、記事を書いてくれた人や、輪転機を使わせてくれた事務の方や連絡を取ってくれた先生、閉じる作業をしてくれたみんなもいたから、この冊子は完成までたどりついたと思います。 
 ASANTEの活動あってこその冊子なので、この冊子は広報だけが作ったというわけでなく、ASANTEのみんながつくったものです!!また次回もご協力お願いします★

・・・かなり身内な話ですいません(><;)

最後に・・・
ASANTEのみんなの気持ちがこもった冊子が、一人でも多くの人たちに読んでいただけることを願っています★ではでは。

 

 
 
 
 
[PR]
by asante-fair | 2007-04-10 09:09

ASANTEの春休み② タベモノ共同体

どうも、ASANTE新3回生のハゼです★
遅ればせながら、2月17日に福井県で行われた講演会シンポジウム、
「タベモノ共同体―21世紀の地産地消」について書かせていただきマス。

講演会前夜・・・電車を1本乗り過ごした、せつこと私。その後は「電車がない!」散々でした…。途中からおもしろくて意味もなく笑えてくるほどに。特急に乗れば目的地に着くと知り、予定外だった特急にも乗って、なんとか福井に到着しました。

シンポジウムは、本野一郎さんの講演から始まりました。
本野さんは「いのちの秩序 農の力」という本も書いていらっしゃいます☆

本野さんは、私たち10代、20代の世代から味覚が変わってきているとおっしゃっていました。
たとえば果物も、甘ければいいと。
私も四国を旅していて、それは感じました。昔ながらのミカンの種類は人気がなくなって、甘みが強い新品種に人気が集まっているようです。甘いかどうかだけでおいしさを判断するようになっているのでしょうか。小さい頃から食べているものによって、味覚は変わると思います。本当においしいものを判断できるようになりたいものです。

そのあとには、福井県立大学の学生発表がありました。
「学生が見た越前市の食卓」というタイトルでした。
個人的に、「野菜を自分の家で作っていますか?」というレジュメでの質問に対し、「はい」と答えた人が59%だったことが驚きでした。これは福井県ならではでしょうか。究極の地産地消ですね。
『自分でつくったものを自分で食べる、そんな農家の当たり前の生活が実は究極の贅沢』
とは、パネラーの方のお言葉ですが、本当にその通りだと思います。

そのあとのシンポジウムは、小学校の栄養士さん、お百姓さん、色々な団体の代表の方と、バラエティに富んだ顔ぶれでした。それぞれの方が内容の濃い活動をしていらっしゃって、非常におもしろく有意義なお話が聞けました。皆さんに共通しているのは、地元で取れた、環境にも体にもやさしい食べものを広げようという思いでした。アプローチの仕方はさまざまでも、思いが共通していれば、その方向に自然に進んでいけると思います。これもパネラーの方の言葉をお借りしますが、農業は農家だけが考えればいいものではなく、消費者も一緒に考えなければ解決のできない問題がいっぱいあると思います。特に今の日本は、食べものは消費するだけの人が圧倒的に多い時代です。だから、消費者の力が必要とされているのです。

『有機農業推進法』という法律が昨年12月に施行されたことを、ご存知ですか?
これによって、国や地方公共団体は、有機農業を推進する義務を負いました。
しなければペナルティがあるわけではありませんが、とりあえず「義務」になったのです。

行政も関わってきたこの有機農業は、日本の農業や食を考える大きなポイントだと思います。有機農業がいいか悪いかは別として、意識を変える、転機になるものになるのではないでしょうか。少なくとも、私はそう思っています。環境にも体にもやさしい食べものを消費者が選ぶようになれば、少しずつでも日本は変わっていくと思います。消費者が選ぶことが大事というところは、フェアトレードと共通していますね★

休憩時間や講演がはじまる前には、物販コーナーも回っちゃいました。
NPO森のエネルギーフォーラムさんの本場ロゼーラティー、ロゼーラケーキも売られていました★福井のフェアトレードショップも!かわいい商品がいっぱいでした。

さて、この後にも続きがあるのですが、私は残念ながら帰宅・・・せつこに続きを譲ります★
[PR]
by asante-fair | 2007-04-07 21:36