<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

WTO農業交渉・将来への模索

8月25日にWTOの第一線で働いている塩飽二郎さんという方を招いてのFSN(食の安全を考えるネットワーク)の研究会「WTO農業交渉・将来への模索」に参加してきました。
将来についてはあまり触れられなかったのですが、政治の内情、交渉の難しさなどが聞けました。

話では、中国が輸出国から輸入国に転換したことがこれから心配されることだとのことが出ました。
昔中国は国内で完全自給自足をするとのことを言っていたのですが、すでに穀物はギブアップ。
輸入をしていかないと間に合わないそうです。
これは爆発的な人口を持つ中国が経済的に豊かになり、食生活が畜産物も口にするようになったという変化が背景にあります。
中国の輸出から輸入への転換は必然的に日本の消費生活にも影響が出る可能性があると思います。

塩飽さんは日本の消費者意識の問題点も話していました。
アメリカ産牛肉の輸入が始まり、消費者はBSEに敏感になり、結局全頭検査をする事になった。
しかし、その全頭検査にいくらの費用がかかっているのかについては考えていない。
コメのミニマムアクセス(最低輸入量)のことは気にならない。
日本の農業についての意識が低い。
それでいて安全で安心の食を求めている。
トレーサビリティーで問題が発生した場合、その商品の過程を追えるということは必要だが、今は消費者が簡単にケータイなどで生産者の顔が見れるようになるまでなっている。
これは過剰すぎる。
設備をおくだけでも費用がかかっていることになぜ着目しないのか、ということをおっしゃっていました。
消費者はその商品の背景にあるコストの面を見なければいけないと感じました。

WTOの交渉については、英語のできない日本人にとっては不利だと洩らしていました。
そして交渉も日本全体で見ていくと(特に工業部門なんかは)有利なはずなのに結局個々の部門で見なければいけない構造になってしまっているので、農作物を輸入に頼っている日本はやはり世界貿易の農業の面では弱いそうです。
日本の農業がもっと強みを持つことができたら政策も変わっていくのではないでしょうか。

その情報が得られることが本当に安全で安心な食べ物なのか?
生産者の顔が見れることよりももっと着目しなければいけないことはあるのではないのだろうか?
など、WTOの話を聞きに行ったのに結局日本の消費者意識のことを考えてしまいました(^^;)
残念だったのは、WTOは一般の人にはなじみの薄いもののせいか、あまりしっくりきませんでした。
なので、もっとWTOについて勉強していきたいです☆

以上、東京にて情報収集中(?)の笠松でした♪
[PR]
by asante-fair | 2006-08-26 15:01 | 日記

☆交流会☆

e0021719_059560.jpg
8月20日に関西でフェアトレードの活動をしている人たちで交流会を開きました。
内容は、立命館大学beleafの渡辺真実ちゃんが用意してくれたワークショップを行い、その後近くのお店に入り駄弁りました★

ワークショップは、自分の好きなところを10個挙げて発表し、次に「私・フェアトレード・したい」でまず文章を作り、その文で表されたことを実行する時に起こる問題点を挙げて、最後にまとめでその問題解決を皆で考えていくワークショップでした。

「私・フェアトレード・したい」の文では、「私はフェアトレードで世の中を変えたい」「私は日本中をフェアトレードで埋め尽くしたい」また、「私はフェアトレードでNGO・NPOを子馬鹿にしたい」とおもしろい文も生まれました☆

e0021719_121513.jpg

そして、問題点では、どのようなものが挙がったかというと、「うまく伝えるのが難しい」「社会に出たらどうなるんだろう・・・」「フェアトレードで現地に貨幣が行くのって本当にいいのかなぁ」など、これからどんな風に活動していけばいいのか、活動していく上で足りないものはなにかなどなどを考えさせられました。

今回のワークショップで、フェアトレードの良い面・悪い面が見え、これから活動していく仲間の事が少しでもわかったのではないかな、と思います。
残念だったのは、日にちの設定が悪かったこともあり、参加人数が少なかったこと・時間配分が悪く、最後のまとめがきちんとできなかったことです。
これからもっと機会を増やして、フェアトレードに関係する人たちの交流の場を作り、もっともっとネットワークを広めて強めて行けたらな、と思います★
今回参加してくれた人、本当にありがとうございました!!
いたらない部分もありましたが、また次回こういう機会があったら是非参加してください。

以上、今回交流会を企画した笠松でした♪


e0021719_124530.jpg
[PR]
by asante-fair | 2006-08-23 01:06 | 日記

グローバリゼーションと債務

一回の矢田です。
今日は、四回の長谷川先輩、一回の永井くんといっしょに
「グローバリゼーションと債務」という講演会を聴いてきました。
今回は2人のゲスト(?)が、
それぞれ途上国の債務と世界の食糧問題について話して下さいました。
書きたいことは山ほど、ほんまに山ほどあるのですが
超大作になってしまうのでめっちゃまとめます。

債務について。
いつも思うのですが、植民地時代の傷跡は深く、
アメリカの影響力は大きいですね。
途上国の独立に伴うお金の貸付と
アメリカの金利上昇政策による世界の金利上昇が
途上国にあんなにも債務を背負わせている元々の原因だそうです。
おかげで社会サービスの3~8倍ものお金が
債務返済に使われているとか。
IMFと世界銀行の、一般人のことをまったく考えない「救済」処置にも
かなり問題があります。
教育・保健・農業を無視したら人々は生きていけません。

食糧について。
世界人口の18%が栄養不足です。
世界の人々を十分養えるだけの穀物がありながら、です。
なんででしょう?
お金持ちの私たちが卵やお肉をいっぱい食べるからです。
それらを育てるには餌となる穀物が大量に必要です。
卵1個につき穀物3kg。
鶏と豚と牛の方が、途上国の人たちよりも
いいもの食べてるかも知れないと思いました。
もちろん問題はそれだけじゃありません。
債務返済のために
GMOとか使って先進国好みのもの作らざるをえません。
自分たちの主食にならないコーヒーや砂糖などです。
どれだけ働いてもお金も食べ物も手に入りません。
そんなプランテーションのような畑の真ん中で
田舎スラムなるものが出来てるそうです。
食べ物が手にはいらないからです。

質疑応答タイムがありました。
私の頭の中は世界のエリートたちに対する疑問と苛立ちでこんがらがってたんですが
我らが長谷川先輩がいくつか質問されてました。
さすがです!
で、そこから知って3人とも驚いたこと。
「遺伝子組み換え作物の表示義務はない」!
「たとえ遺伝子組み換え作物が入っていても
それが5%以内であれば表示する必要はない」!
ご存知でしたか?
たまに「この製品は遺伝子組み換え作物を使用しておりません」
って表示されてる豆腐などを見かけますが、
あれは、他の製品よりこっちの方がいいねんで~、と宣伝する目的だそうです。
表示はしてもしなくてもいいらしい。
WTOも「やった方がいいけど義務にはせぇへんよ」と言ってるそうです。
世界中に表示を義務づけている国はゼロらしいです。

今日はグローバリゼーションの悪い面ばかり見て来たように思います。
先進国は、自分たちが生きやすいように途上国を利用してきたんですね。
国レベルでそんなことを出来るってことが「グローバリゼーション」です。
人間のエゴ丸出しです。
人間なんて所詮そんなもんでしょうが
諦めたくないので何か出来ることを探します。
・・・探せるかな?
[PR]
by asante-fair | 2006-08-15 01:48 | 日記

GREEN TERAさん インタビュー

e0021719_21482257.jpg
e0021719_21483427.jpg

ハゼです。
昨日はせつこ(2回生)、たっきー(1回生)と3人で、GREEN TERAさんのインタビューに行ってきました☆
GREEN TERAさんは動物実験をしていない化粧品や、環境にやさしい化粧品、
フェアトレード商品も置いている自然派なお店です。
富雄のすぐ隣、近鉄学園前駅を降りてすぐのところにあります。

取材後、3人は一路、菖蒲池へ。。。迷い込み、旅人となったのでありました。。。
e0021719_21484451.jpg
e0021719_21485379.jpg

せつこかたっきー、続きをどうぞ↓(GREEN TERAさんのレポートよろしくです!)


インタビューの巻

こんにちは。一回の瀧山です。
この度は近鉄学園前にあるGREEN TERRAさんにインタビューさせてもらいに行きました。
  
メンバーはせつこ先輩とハゼ先輩とこの私、不肖瀧山です。
私は初めて寄せてもらったのですが、写真のとおりすごく感じのいいお店で若い人向けのアクセサリーや化粧品なども置いてあってすごく入りやすかったです。
店長さんもすごく若い方で、あまり緊張せずにお話を聞けたのでよかった(>_<)
やはり実際にお店として経営するにあたって、いろんな問題や私たち学生とまた違った考え方をもってらっしゃて、それを直にインタビューできたのはいい機会になったと思います。(詳しくは次のASANTE通信に載せるそうです。)ちょっとレベルアップ。しかし変に安心してしまったせいかよくわからない質問を連発してしまって申し訳ないったら申し訳ない。がんばって精進したいと思います。
   
そしてインタビュー後、イベントができる場所を探し求めて菖蒲池に向かうのですが、なぜか放浪の旅へ。かなりいい感じの池や森や昭和な建物を発見☆とっても楽しかったです。近鉄菖蒲池周辺はまだまだ何かありそうです!

では全然まとめきれてませんが駄文で失礼します。
[PR]
by asante-fair | 2006-08-03 21:49

楽ちゃん合宿

ハゼです☆
7月29、30日と、私たちASANTEメンバー9人+1人(元ASANTEメンバー)は合宿に行ってきました!
行き先は滋賀県の『土鍋かふぇ楽ちゃん』。いったい何が起こるのか?!

一日目はまず、NICCOというNGOの農地で「土嚢シェルター」造りに参加しました。
土嚢シェルターとは、その名の通り、土嚢を積み上げて作る家で、夏涼しく、冬暖かい(らしい)。
土があれば作れるので、植物のない地域でも作れるし、作り方も簡単で、自然に還る家なのです。
途中大雨に降られながらも、皆でいい汗をかきました☆

その後、楽ちゃんに移動。到着後、地主と小作人制勃発!!
井戸で水を汲んだり、地主の動向やら何やらでお風呂に入れる時間が変動したり(笑)、
慌ただしくも面白く夜ご飯へ。楽ちゃんの料理は肉・卵・牛乳を使ってません。
土鍋から生まれたベジタブルなお料理をおいしくいただきました^^

それから、フィリピンはネグロス島産フェアトレードバナナ、「バランゴン」あてクイズ!!
4人が挑戦!もう一方はふつうのバナナ。4人中3人間違えました。おーーい。

夜が更けてゆく中、ちょっとまじめな語り合い勉強会「バナナのモノカタリは続く」へ。
メンバーの新たな一面を知ることができる場でした。
バランゴンのバナナケーキもいただきました!おいしかった☆
楽ちゃんでは、生産者の声だけでなく、消費者の声も生産者に届けようということをしていらっしゃり、
私たちもメッセージを書きました。ネグロス島に届くのかと思うとわくわくします。

2日目は、午前中、家庭科をしました☆楽ちゃん料理をASANTEメンバーも作ってみるのです。
わっくん(1回生)の包丁さばきに皆ほれぼれ♪それに競争意識を燃やす2回生男子2人・・・。
それにしても、料理ができる男の子が多くて感心。ええですね☆
おおむねおいしくできあがりました~(>∀<)

家庭科の料理をお昼ご飯で食べてから、農体育!
農作業?&フェアトレードサッカーボールでPK戦(笑)

こんな感じで、2日間があっという間に過ぎていきました。密度の濃い2日間でした。
初めての試みで、どーなることかと思いましたが、楽しく終わってよかったです。
楽しいだけじゃなくて、ライフスタイルを見直すこともできるんじゃないかと思います。
楽ちゃんのそこかしこにはオルタナティブなライフスタイルへのヒントがいっぱいです。
vol.2もまたいつかしたいなと思ってます★皆様、また楽ちゃんへ行きましょー♪
                        ではでは。2回生のはせがわ ともみ
e0021719_21251752.jpg
↑土嚢づくりをがんばるメンバーたち

e0021719_2125388.jpg
↑集合写真です☆

e0021719_21254644.jpg
↑バランゴンバナナケーキは砂糖も不使用 ほんのりバナナ本来の甘み

e0021719_21255540.jpg
↑バランゴンはどっちやねん。吟味する4人。
[PR]
by asante-fair | 2006-08-03 21:20