<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ヒバクシャ 世界の終わりに」 at 吹田メイシアター

吹田のメイシアターというところで「ヒバクシャ 世界の終わりに」というドキュメンタリー映画を見てきました。

「ヒバクシャ」というとピンと来ないかもしれませんが、漢字で書くと「被曝者」です。

被曝者といえば、第二次世界大戦でアメリカが広島と長崎に落とした原爆によって被害を受けた人達というイメージが強いですが、日本のほかにもイラクやアメリカなどにも被爆者がいたり、日本においても広島や長崎以外にも被曝者と言われる人達がいるかもしれないというような映画でした。

まずイラクですが、湾岸戦争の時にアメリカが使用した劣化ウラン爆弾による被害。

その被害によって、イラクの市民が被害を被り癌や白血病になって、場合によっては死にいたることもあるそうです。しかも発病するのは主に女性か子供が多いそうです。治療するにも経済制裁をされたり、大量破壊兵器の材料になるという理由で抗がん剤やワクチンの輸入が制限され、ろくに治療が受けられません。もともとフセイン政権は医療制度は充実してたのにアメリカが入ってからおかしくなったとかという話も・・・

そのアメリカでも被曝者がいます。アメリカのワシントン州のハンフォードという農業地区があるんですけど、そこには政府が運営している核爆弾を製造する施設があり、そこでも放射能がもれ、被曝者がいます。やはり女性や子供に多く被害が見られ、その地区に住んでいる家族の中で流産や奇形児が生まれるといった経験をするのは当たり前で、やっかいなことはそういった被害に対して国が圧力をかけて、もみ消してしまおうとすることです。

ハンフォードでの被害はアメリカ国内だけにかかわらず、日本に住んでいる私達にも被害を及ぼすかもしれません。なんとハンフォードで作られているジャガイモや牧草が日本に輸入されいています。マク○ナルドのポテトもそうですし、白○屋にもハンフォードで作られたジャガイモが使われてるそうです。白○屋の方はしっかりとトレーサビリティーによって証明されています。

個人的にはもうマ○ドも白○屋には行く気がしないです。特にポテトは!!アメリカからの輸入された牧草や穀物を食べている日本の牛も信用できないですね。

またチェルノブイリや中国の核実験によっても日本国内での放射能の被害があるとの説もあり、そういわれてもおかしくはないデータもそろっています。気流にのって日本国内に流れてきており、北海道から東北にかけて、その事件がおきた10年後ぐらいに癌や白血病で死亡する人が急増するというデータがあります。

そう考えると世界中もう安全な場所がないような気がしますが。。。

この映画通じて感じたことは、今まで知らなかった被曝者の被害があったこともそうですが、一番恐ろしいのは、日本国内において情報が偏っているということです。この映画を上映するにあたっても広報の段階でいろんなとこで規制がかかったりもしたみたいです。

特に日本のメディアは政府が不利になるような情報が少なすぎると思います。この映画から得ることができる情報というのも偏っているといえば偏ってますが、やはりそういった側面は今まで世間に出てきませんでしたし、こちらの情報の貰い手としても、情報を選ぶ権利すら与えられてないわけで、そういった世の中で果たしてよいのか?と思いました。

あ~書いてるうちにちょっと熱くなっちゃいました・・・・

久しぶりに長文書きました。。。

ほんとはもっと書きたいことがあるんやけど、あんまり書きすぎると読むのがしんどいのでこのへんで抑えときます。

以上です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by はせがわたく
[PR]
by asante-fair | 2006-07-10 01:10 | 日記

日朝友好関西学生フォーラム@大阪市立大学

7月8日に大阪市立大学で開催された「日本と朝鮮半島の『次代』を創る関西学生フォーラムPart2」について報告します☆ASANTEからの参加者はハセガワタクさんと私、せつこです。
久しぶりのブログでなんだか緊張しとります(笑)

「朝鮮学校」ときいてASANTEメンバーは何をイメージするでしょうか?
そしてメンバーの住んでいる地域に朝鮮学校はあるでしょうか?

一番初めに「チェサミ!」という短い映画をみました。
そこで私たちは朝鮮学校に通う子どもたちの生活を教えられました。
私たちの生活とはなんら変わりはありません。ですが、国からの助成金がないために給食がありません。生徒たちはオモニ(お母さん)が作ってくれたお弁当を食べます。校舎は老朽化がすすんでも建て直すことができず現状維持していくしかありません。
(ちなみにこの映画は京都大学・立命大学・同志社大学の生徒さんが作ったものデス!拍手!!)

特別講演として、近大(やっぱり本部キャンパスのようで。。。)でも非常勤講師で教鞭をとっておられ、ご自身も在日でいらっしゃる高賛侑(コウチャニュウ)先生方の講義を拝聴しました。
そこで、私たちは映画の中であげられた問題の原因を知ることになりました。
子どもたちに自国の文化や言語を教えたい願いから生まれた朝鮮学校に対する日本政府の歴史的な弾圧。アジア(特に朝鮮半島)に対しては冷ややかで、その一方欧米を優遇する日本人の対応がそこには現れていました。なんとも、いえない。。。
「親と子どもが違う言語を話すことによって、会話をすることができない。想像できますか?」という言葉が私的にぐっときました。
民族教育の大事さを知らされたように思えます。
これは遠い場所にいる他民族の話ではありません。歴史の上で常に関係し、今現在日本にいる方々が直面している問題です。先生がおっしゃっていました。「私たちがいくらいっても、かわらない。日本人が声をあげなければ変わらない」と。

今、情勢が不安定です。学生会の方もおっしゃっていましたが、日本の報道について懸念されていました。考え方は様々です。事実は事実です。ですが、それを一方から見るのではなく、色んな側面から見ることがいかに大事かと考えさせられました。
いつも見るニュースをちょっぴり「あれ?」と思える判断力。それがものすごく欲しい。。。

と、なんだか暗くなってしまいましたが、フォーラム後の懇親会ではわいわい和やかに過ごしました。参加された在日の方も日本の方も皆さん気さくな方たちばかりで、自分たちのルーツや事情なども語り合うことができましたvvものすごく有意義な時間だったと思えます。

京都の朝鮮学校の見学会が今度開かれるそうです。とても、オープンな人たちでいつでもどうぞ♪といってくださっているそうです。また情報は流れると思いますので、興味のある方は是非参加してみてください☆

                            では。たまにはコッチの名前で(笑) せと えりな
[PR]
by asante-fair | 2006-07-09 22:48 | 日記

「地球の全員のための公正貿易は可能か」

今日は京都大学で行われたスティグリッツ教授の講演会「地球の全員のための公正貿易は可能か」を聴いてきました。
開場5分前ぐらいに着いたのですが、すでに長い列を作っていて、私の少し後ろからは中に入れないぐらいでした。
会場内も席は全て埋まり、立ち聴きの人で会場がいっぱいになっていました。

講義が始まり、最初の方は通訳なしで聴いていたのですが、全くわからず、たまに聞いたことのある単語が出てくるぐらいで、きちんと理解ができませんでした・・・
これからはちゃんと英語を勉強しようと思います。。。

なんとか通訳のレシーバーが手に入り、レシーバーを使ってスティグリッツ教授の講義を聴いていました。
きちんとは聞き取れなかったのですが、スティグリッツ教授は様々な貿易の問題点を話していました。
中でも私が興味を持ったのは、綿農家の話でした。
授業や、勉強会でも時々出てくる綿花。
やはり、スティグリッツ教授も、アメリカの綿農家に対する補助金を指摘していました。

アメリカが出す補助金の相手の綿農家は、貧しい綿農家ではなく、株式会社形態の農家だそうです。
それらの農家に30~40億ドル規模の補助金を出しているそうです。
農家は補助金をもらうために生産量を増やそうとします。
一生懸命大量生産する→環境破壊という図がここで出てきます。
そして、途上国の綿農家はそういった補助金をもらうアメリカの大規模な農家と対立しなければなりません。
もちろん、勝てるわけがありません。
では、どのようにすればよいのか、途上国の農家が、綿花の生産ではなく他の農産物に移ればいいのだが、乾燥地帯では作物を変えることは難しい。
やはり対等な貿易を行うためにはアメリカの補助金をなくさなければならないのである。

スティグリッツ教授は「補助金がなくなれば途上国が助かるし、アメリカも何十億というお金が出て行かなくて済む。補助金がなくなればいいのに。」
と言っていました。
確かに、私はなぜここまでしてアメリカは自国の綿農家を保護したがるのか、疑問に思いました。

また、綿花だけではなく様々な貿易の問題点が話されていました。
エネルギー資源の問題・WTOの問題・労働の移民について・・・などなど。

そして最後にフェアトレードについても喋っていました。
スティグリッツ教授はフェアトレードという考え方はいいものだ。
これからは、フェアトレードという考え方を広めていき、フェアトレードの活動が行われる環境を整備することが大事とおっしゃっていました。
「認証」という仕組みをうまく利用して、広まっていけたら現在世界各国で行われているグローバリゼーションの問題点が解決されるのではないでしょうか。
そのように言ってると感じました。
私自身、フェアトレードという言葉とその背景となる事柄を広めていけたら、もっと消費者の動きや政府の動きも変わってくるのかもしれないと思いました。


以上、勉強不足をひしひしと感じたrenaでした☆
[PR]
by asante-fair | 2006-07-06 03:48 | 日記