<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ビデオ鑑賞会&交流会

6月29日の6限にビデオ鑑賞会と交流会をしました。

ビデオ鑑賞会は5月28日に神戸で行われた「平和がええねんまつり」でのフェアトレード寸劇とファッションショーのビデオです・・・

私がサッカーボールとして寸劇してたやつです。。。

正直自分では恥ずかしくて見てられなかったので、思わず教室の外へ出て、終わるのをただただ待ってました。でもしっかりと教室からあふれ出てくる笑い声は届いておりました。まさに先輩殺しですなw

ファッションショーでも我がASANTEのメンバーがモデルとして登場してました。ASANTE代表さんのイキリ具合には、一同爆笑でしたww

ほんでその後は今日きたメンバーとお菓子をむさぼりながら交流会。

ここ2,3ヶ月就活や何やらで、ASANTEのメンバーと接する機会が激減してたので、なんか久しぶりの感覚。特に一回生とはあまりじっくりと話す機会が今までなかったので、ちょうど良かったです。失礼ながらやっと顔と名前が一致するようになりました。。。

去年も去ることながら、今年の1回生もパワフル&パンチが効いてます(個性的って意味です)。そろそろ私もいい加減なことは言えなくなりそうです。

ていうか交流会としてこういうことするのは初めてのような?ミーティング終わりでみんなでグダグダ喋ってることはありましたけど。定期的にこういう難しい話抜きの交流会するのもいいですね。

是非またやっておくれ!

===========================================

 はせがわたく
[PR]
by asante-fair | 2006-06-30 00:28 | 日記

CSR勉強会☆

ASANTE一回生の矢田です。
今回は28日に行われたCSRの勉強会について♪

実は!今回は私の勉強会デビューでした!(>_<)
私の担当は「CSRって何?」&「ISOの事例」。
外部の方が見てくださることを期待して(?)簡単に説明すると、
CSR:「企業の社会的責任」
    企業は利益の追求だけじゃなく社会への貢献もやっときや~
ISO:「国際標準化機構」
    企業が一定基準以上の品質保証や環境管理を行っているか
    審査する国際機関                  
こうやって文字で簡単に説明するだけやと簡単なんですが
8分も時間をいただいて説明する、となるとけっこう緊張しました。
頑張って調べたはずの配布資料も、いざ見てみると全然出来てなくて、
本番前の空き時間に学校のPCを使って最後の悪あがきをしました。

本番が近づくにつれて、
自分が緊張してることに気づいてしまってさらに緊張・・・。
発表してる間は頭フル回転で必死でした。笑
自分の資料に書き込みしてたのを頭の中で繋げて喋ってたんですが、
何度もパニックになってしまって、とってもわかりにくかったと思います。
出席された皆さん、申し訳ありません!!

さて!私以外のCSRメンバーはどうだったかと言うと、
正直ほんまにすごかったです。
資料も発表もとてもわかりやすく、
しかも先輩方は自分の意見や感想までおっしゃっていて・・・。
すごいなぁ、と素直に思いました。

今回はなかなか上手くいきませんでしたが、
この反省を活かして、次回、発表の機会があれば
もうちょっとマシに出来るように頑張ります!
まだまだ発展途上なので、どうか長い目で見てやって下さい。
以上です!
[PR]
by asante-fair | 2006-06-29 01:33 | 日記

ラオススタディーツアー報告会

遅くなってすみません。6月25日に奈良文化会館で行なったラオススタディーツアー報告会の報告をしたいと思います。
予定では6時半スタート。しかし人が全然来ない…。あせりました。結局外部から来てくれたのは3人。あとはASANTEメンバー。あまり緊張感がないままスタートしました。
僕はホワイホン職業訓練センターについて発表したんですが、緊張感がないといいながらやはり緊張しました。かみまくりで、言いたいことがうまく伝えられなかったです。せっかくラオスにスタディーツアーとして行ってきて学んだことをあまり伝えられなかったというのはすごく残念です。自分の発表の後正直ヘコみました。
休憩時間にはナホミンさんの作ったロゼーラケーキがめっちゃおいしかったです。僕はロゼーラが基本的に嫌いですが、これは認めます。
最後のディスカッションのテーマは“発展とは何か”。改めて深く考えさせられました。未だ答えは出ていません。
結局予定より時間がかなりオーバーして終了しました。
今回の報告会では、反省点・課題点が多く残りました。これらを今度こそ次に生かしていきたいです。
次はGMO,チャリコンと大きなイベントが待っています。皆さん、気合入れていきましょう!!

かなり簡略化された報告ですみません!!初投稿のア~サ~でした。
[PR]
by asante-fair | 2006-06-25 00:41

ウィーウォークNARA ブース班報告

1回 倉園です。
5月21日に行われた「Fight Hunger!We Walk NARA」に
ブース班として参加してきました。

当日は快晴で若草山山頂からの眺望はすばらしいものでした。
イベント参加者のなかにはフェアトレードを既知の方もいたので、そこは意外でしたね。
商品を購入して下さる方も少なくはなく、
予想以上によい結果を残せたと思っていますがどうでしょう?

ただ、私は自分が勉強不足だったこと、
また事前準備等に十分に参加できなかったことが反省点です。
大学生は暇そーなイメージがあったんですけど、実際かなり忙しーものですね・・・。
[PR]
by asante-fair | 2006-06-22 23:03 | 日記

ビデオ鑑賞の巻

こんばんは。一回の瀧山です。すみません。
文章力がないので、かなりのレベルで読みにくいことが懸念されますが、今日の2限に見たブラジルの大豆農家のビデオの感想などを書いてみたいと思います。

今回見たビデオは、ブラジルの森林伐採と大豆農家の現状についてだったのですが、あらためて環境問題と貧困問題が一緒になると、こういう悪循環が生まれて、どうしようもなくなるんだと思いました。しかもこの大豆農家の場合は、「貧困で環境問題どころじゃない」ではなくて、「もっとお金を儲けてやろうぜ」みたいな感じの農家の方が多かったので(違っていたら申し訳ない(>_<))少しでも森林伐採の問題にに意識がむかったら…というのがまず見終わった後の感想でした。

しかし今改めて考えてみると、私たちの生活はこのような悪循環のループの中で成り立っていて、ブラジルの農家の方が森林伐採をして一攫千金を狙うのも、日本で私たちが上を目指したり、いい企業に入りたいというのもたぶん同じ種類の欲であって…それなのに私たち輸入する立場でどうこう言うのは、絶対的に矛盾しているんだろうという思いにになりました。それでも自分たちの生活はこれで当たり前に自然です。こういう機会を通して少しずつ私たちの生活の自然さを疑い、矛盾しているとはっきり言えるように行動にも移していけるような人間になりたいです。
 
ということで読み返してみると、なにを生意気な!みたいな感想を書いてます。モノ知らずですみません。では駄文で失礼しました。
[PR]
by asante-fair | 2006-06-20 22:12 | 日記

walk the world  ウォーク班

初めてなんでうまく書き込めてるかわからんけど、まぁいいやっ(笑)一回のわっくん(永井)です(≧ω≦)
walk the world の感想を書き込んでいきたいと思います!!

まず、歩くのは楽しかったですけどビンゴは正直微妙でした。。。
ASANTEの人はビンゴの起爆剤になろうとがんばっていましたが、他の人は鹿と鹿せんべいとお寺に興味がいってしまいビンゴそっちのけでした(><。)
あと若草山の坂もきつくてしんどく、ビンゴどころじゃなかったです。

けど、質問してみると結構皆さんが知っていてうれしかったです。(タイの留学生の人は全然知らなかったですけど・・・)

walk the world  では写真で飢餓の状況が分かったのでとても勉強になりました。
自分に出来る飢餓対策ははらぺこ募金しか思いつかなかったので一応、募金しました。
20円を募金することで一人の子供に給食を支給できるので、これからも募金していきたいと思いました。
また奈良でwalk the world の企画があったら参加したいと思います!!!

んで、若草山に登って思ったことは景色が綺麗!!!
僕は用事があったんで、登ってすぐ帰っちゃたんですけど、下りながら見た奈良の街はめっちゃ綺麗かったです。

なんか、言いたいことがぐちゃぐちゃになってしまいました。。。すみません(><。)
以上です。。でわでわ
[PR]
by asante-fair | 2006-06-17 16:23

ナイロビの蜂

どうも、せつこです。
ASANTE 勉強会活動の一環として、布施へ映画を見に行ってきました!!
 参加者はミサさん、おっくん、私の3人です。

冒険小説の巨匠、ジョン・ル・カレの最高傑作「ナイロビの蜂」を原作とした映画です。ストーリーは妻の死に隠された世界的な陰謀を追ってアフリカの大地を巡るというもの。

アフリカの現状、世界観を一つの映画を通してみることができました。
考えさせられることは沢山ありました。
アフリカが持つ底抜けの明るさとか、なかなか変えることができない過酷な現実。
それは、AIDS問題もあり、貧困問題もあり。そして国や企業の援助のあり方まで。

ラストが本当に切なかった。(ネタばれはやめときます。)
スタッフロールを見ながら、余韻として残っていたのは「悔しさ」でした。
どうしてこんな事件が起こるんだ?どうして変わらないんだ?
でも、自分の無力さを呪っていてもいけないんですよね。
自分が今何ができるか?それを考えてやっていくしかない。映画の主人公たちは誰もがそうしていた。それは、恋人のためだったり、家族のためだったり。様々だったけれど。

国連が協力した映画ということもあり、ASANTEが参加したイベントを主催していたWFPの飛行機による食糧投下シーンを見ることができました♪もちろん、撮影の為に行われたものではありますが・・・。機体を傾けると、食糧(市販の売られているおコメのような形)が次々と投下され、地面に落ちた食糧を女性たちがかついでいきます。(男性は計画性がないので、直接は渡さないと映画の中で言われておりました笑)
こんな風に実際に行っているのだとイメージが湧きましたvv
まあ、色んなパターンがあるんでしょうが・・・。

おっくんの横で女二人のすすり泣く声が響いておったような気が(笑)
 
これは一つの映画です。エンターテイメントです。そして、一つのプロパガンダ。
どんなに映画の中に引き込まれても、スタッフロールが終われば客観的にならなくちゃいけない。それを、私なりにできるだけ踏まえた上で言います☆
「めっちゃいい影響を受けました!!」

公式HP→http://www.nairobi.jp/ 興味のある方は是非♪

このような映像を見る勉強会も継続的にやっていきたいので、今回参加できなかった皆さん是非次回はお願いします♪次はホテル・ルワンダがレンタルされた後かな?
レンタル代、会計さんだしてくれないかな~。
次の感想はミサさんです↓☆

こんにちは☆misandalです☆
まず、せっこちゃんおつかれです☆

やはり映画はよいね・・映像とストーリー性をもって勉強できるので。
時間があっというまにすぎてしまいました。

この映画は・・・正直いって後に残る余韻が切ない・やりきれない・・・けれども
主人公たちの自分の正義を貫く生き方は感動するものがありました。

アフリカだけでなく、こういう問題は身近にあると思う。
政府と企業の癒着。お金儲けのために走る企業の裏側で声もあげれず、あげても無視させるか過激なとこでは命ごと闇に葬られる人々・・・・。
光の裏に闇があって、お金のうらに苦しみがある。社会構造ってゆがんでる・・・
だからこその今のエアコンの中のパソコン生活なのだけど・・・

けっきょく私にはなにができるんだろうと考えました。
せっこちゃんが書いてくれたWFPの飛行機のシーンで1人の現地の男の子が逃げ込んだときにやはり中のWFPの人は降ろせといった(ネタバレすいません)それはWFPとして1人の子を助けたら、みんなも助けなくちゃいけない。やはり特別扱いはできないと・・それは機関のあり方として仕方ないことだと思う。それに対しての主人公のセリフは今目の前にいるこの子を確実に助けれれるのは私たちだ!っていうセリフ・・心に残りました。結局男の子は自ら飛行機を降りるんだけど・・・その先に待つのは・・・・・
アクションの起こし方って難しい。なんに関しても。

けどはじめなきゃはじまらないよね・・・主人公たちも正義を貫いた生き方をした。
自分の保身のためにお金にすがったり、権力に頼ったりしなかった。
そういう真摯に生きることの美しさを見れた映画でした☆

そして、アフリカに生きる人々の様子・・・車を石でとめてお金をせびる子どもたちの様子や、AIDS問題を喜劇にしてしまう明るいアフリカの人々の様子も・・・
いつかはこの足で行ってみたい。
私ごときが何ができるんだっていわれればそれまでだけど・・・・

皆にも是非みてもらって意見交換しあいたいな~♪♪
(おまけ)あともしスカパー映るかたいらっしゃいましたら・・6月29日7時15分からエンドオブザワールドっていう映画が放送されるので是非みてください☆人間のおろかさと尊さと環境の大事さが描かれてます☆おすすめ!!

次はホテルルワンダ鑑賞会かなっ♪楽しみ!!
次の感想はおっくんです↓
[PR]
by asante-fair | 2006-06-10 23:17 | 日記