カテゴリ:ロゼーラケーキ( 14 )

ロハスフェスタ

こんにちは
もうすぐ無事2回生の東原です

3月14日(日)に京都国際会館近くの公園でロハスフェスタが開催されました。
FTSN関西の皆さんがお店を出店されるということで、まっちゃんと二人でロゼーラケーキを売り出してきました。



------------------------------------------------

その少し前、米田さんにお願いして100個ものロゼーラケーキをかざぐるまのクッキー班のみなさんに作っていただきました
連日ロゼーラケーキ作りありがとうございました
ほんと…感謝感激

そのロゼーラケーキが出来上がったということで、かざぐるまさんの見学も兼ねて受け取りにいってきました

施設の中はとても明るくてクッキー班のみなさんは型抜きクッキーを作っている最中でした
もっと人数はいっぱいいるのかなと思っていたのですが、10人もいない調理場にびっくりしました。
個性豊かな皆さんに作っていただいてると思うと、ロゼーラケーキの見方が変わりました


------------------------------------------------


フェスタの話に戻ります

寒かったですが、会場で出店されていた他のみなさんは熱気にあふれていました!
本格的すぎて「すごい」の一言でしたよ~

さてさて、ロゼーラケーキですが100個持って行き、最終的に21個の売り上げでした。
もっと売りたかったですが、あまったケーキのうち30個は後にあるイベントにまわしました。
ほかにコーヒーやチョコレートがたくさんお買い上げいただきました

フェスタはすっごくたのしかったです。
いろんな手作りの雑貨がならび、農薬の少ない野菜が販売されていました
わたしもかわいいポーチ買っちゃいました!!


たのしいイベントに参加できて、嬉しかったです!
春休みが一つ有意義なものになりました



では



[PR]
by asante-fair | 2010-03-26 21:58 | ロゼーラケーキ

「かざぐるま」職員さん来校

 環境一回、ミナミです!
 早いものでもう7月ですね。。

 今日7月2日、奈良キャンパスにかざぐるまの職員の方をお迎えし、かざぐるまのことやロゼーラについていろいろとお話を聞かせて頂きました。
 
 今回は、カワカミさん、ヤタさん、マダイくん、イシハマさん、私ミナミ、のメンバーで、ヤタさんから頂いた某センターのお菓子ののった机に座り、リラックスした状態で始まりました。
 
 私は、職員の方にお会いするのは今回が初めてでしたが、いままで自分自身あまり知らなかったことなど、さまざまなお話をして頂き、とてもすごい方だと思いました。



 職員の方が来られるまでの間に、かざぐるまの方々が作られたパンの写真などを見せて頂いていたのですが、もう、感動の一言でした。とてもおいしそうなパンの数々でした!!



 私が一番印象的だったのは食器リサイクルの話でした。
 奈良で毎月10日に陶器市という食器リサイクルのイベントが行われて、そこでは、家でいらなくなった陶器を持っていくと、無料で引き取ってくれて、また、それを必要と思う人がいれば、無料でもらえることができるという、環境にとてもやさしいリサイクルが行われているそうです。また、かけている陶器なども、もって行くと引き取ってくれて、リサイクルしてくれるそうです。

 
 身近な場所で、リサイクル活動が活発になり始めていることを知って、私はとても嬉しく思いました。また、そのリサイクルによって、かざぐるまさんを含め、さまざまなところによい風が吹いているのだと思うと、ますますこれから環境について学んでいきたいと思いました。

 

 ロゼーラゼリーはどうだろう!?などという話もしました。
 職員の方が、ロゼーラジャムを提案し試したそうですが・・・、結果はいまいちだったそうです。
私の想像ではかなり美味しそうな気がしました。ゼリーはきっとおいしいと思うので、ぜひ作りたい!と思いました。

最後になりましたが、かざぐるまの職員さん、今日は貴重なお話をありがとうございました☆
[PR]
by asante-fair | 2008-07-02 22:55 | ロゼーラケーキ

福井からのお客様とかざぐるま訪問

e0021719_225574.jpg
6月2日に福井でロゼーラをパッキングしてくださっている
社会福祉法人「あおい福祉会」と茶葉を販売されている「関西よつばの会」の方がロゼーラケーキを作っている「かざぐるま」に訪問され、私たちASANTEもお邪魔してきました。

授業やバイトのため途中参加だったのですが、
レナちゃんとハカセ、そして1回生のマダイくんと新しいメンバー2名と私せつこが参加しました!

同じ福祉に携わっている方と流通や販売をされている方たちとの
かざぐるまのシステムや福井の作業所での話し合いは
聞かせていただいて、本当に勉強させられることがたくさんありました。
現在、日本に社会において福祉の現場がどんな状態にあるのか?
ということを深く考えさせられたように思います。

ケーキを売るうえでタンザニアのロゼーラ生産者のことももちろんですが、
ケーキを製造している方々を私たちはもっと身近なものとして
考えていかなければなりません!
「制度」ってなんなんやろう?なんのためにあるんやろう?
と原点に戻るような、でも大事な疑問を考えさせていただきました!
勉強せなあかんと思います!



そして、ロゼーラケーキという着眼点をよつばの方に褒めていただけてました!
先輩たちから始まり、受け継いできたこのケーキが認められると
本当にうれしいし、もっと発展させていきたいですね!がんばりましょう!


あおい福祉会とよつばの方々、お忙しいところ
学生の質問にもお答えいただいてありがとうございました!

いただいた資料やロゼーラは大事に使わせていただきたいと思います!
よろしくお願いいたします!

また交流できる日を楽しみにしております。

それから・・・
あおい福祉会の方々が帰られたあと、クッキー班の方と改めてお話できました。
久しぶりにゆっくりお話できて、楽しかったです!
新しい企画もはじまります!
期待大です!!

ルーキーのマダイくんが「かざぐるまとの出会い」を感想を書いてくれました!必読ですよ!

「私は、元々、ロゼーラケーキを作るクーキー班ではなく、陶芸班だったの」
知的障害者授産施設『かざぐるま』の職員が言ったこの言葉に僕は驚いた。
ASANTEで取り扱っているロゼーラケーキがとてもおいしいので、
初めから彼女は、お菓子作りに関わっていたと僕は、思っていた。
更に彼女は「私は、ケーキを作る学校も出ていないし、初めは試行錯誤でロゼーラケーキを作る時は大変だったの。でも自分の味覚だけはよかったみたい」と笑って、僕達に話してくれた。その言葉を聞いて僕は驚いた。

まず、自分達が売っているロゼーラケーキは、職員が何度も何度も挑戦して苦労して作られたものだということ。
もう一つは、違う班に移っても、嘆くことなく、与えられた場所で一生懸命努力することを彼女から教わった。僕は、仕事というのは自分の専門的なことだけで、人の役に立つ事だと思っていた。でも、誰かの役に立ち、何かに関わることが、自分の専門や得意なことでなくても、与えられたことに対して、ベストを尽くす事も、仕事であるということを学んだ。


その後、『かざぐるま』の施設を見学した。
ロゼーラケーキを作る調理場では、職員が一人いるだけで、後は知的障害者の人たちが、自分たちで作っていた。
普段は落ち着きがなくても、ケーキを作りだすとみんな黙って、作業に集中するらしい。始めは、分量を量ったり、ケーキを作るのは大変だけど、次第に自分一人の力で出来るようになることを聞いた。
彼らにチャンスを与え、自分たちでケーキを作ることができ、社会に貢献できる人を育てている『かざぐるま』の凄さを僕は知った。

タンザニアで採れたロゼーラを、知的障害者授産施設『かざぐるま』のみんながケーキにする。それを僕たち近畿大学生が売る。

たくさんの人の努力と愛情のこもったロゼーラケーキを僕達は販売しているのだ。そのことをたくさんの人に知ってもらい、おいしいロゼーラケーキを食べてもらいたい。
今回初めて『かざぐるま』を訪問して、更にロゼーラケーキが好きになった。

今度はタンザニアにも訪れてみたい。


マダイくんの感想に私自身「初心」を忘れては、駄目だと思いました。
真摯な思いがつづれた素敵な感想文!ありがとう!e0021719_22544578.jpg
[PR]
by asante-fair | 2008-06-10 22:56 | ロゼーラケーキ

アースデイ@浜寺公園

こんにちは!
秋以来、かなり久しぶりのイベント参加をしてきた3回生のやたです。

本日のイベントは我がホームタウン、大阪・堺の浜寺公園で行われた
「アースデイ@浜寺公園」。
参加者は私一人、販売はロゼーラ・ケーキに絞って張り切ってきました。

今回のアースデイ参加は、
いつもお世話になっているよつ葉ホームデリバリーの渡邊さん、河西さんからのお誘いによるもの。
よってロゼーラ・ケーキを置かせていただくのはよつ葉のブースのほんの一角・・・・・・
と、思っていたらなんと!
テント1つを丸ごと提供していただきました!
なんてありがたい・・・・・。
しかも1人で声張り上げるつもりだったのに、
河西さん(偶然ですが、高校の先輩でした!!)のお友達、勝山さんにお手伝いいただきました!
勝山さんとは初めてお会いしたのですが、とっても気さくな方で、
しかも一生懸命ロゼーラ・ケーキを売っていただいて、
ほんとにありがたい限りです。
なんて幸せなんだろうと実感。

13:20
ケーキ完売!

いっしょに声を張り上げてくれた勝山さん、
時々様子を見に来てくれ、ずっと気にかけてくれた河西さん、
そして何度も声をかけてくださったよつ葉の皆さんに感謝!!

売り切った後は買い物です。
実はこのイベント、けっこう大きいのです。
フェアトレード・クッキー、
オーガニックのおにぎりやみそ汁、
有機栽培の野菜つめ放題、
ふわっふわのシフォンケーキ、
この世に1つの陶器市、
手作り雑貨、
マッサージ、
タロット占い、
手作りおもちゃのお店、
たいこの店、
古本屋さん、
せっけんやさんなどなどなど・・・・。
もちろん、やたはまた買いすぎてしまいました。
でも幸せなんでいいです!

さて、河西さんと一緒にウロウロしていると、
私が以前から知っているcocowellというオーガニックせっけんのお店に遭遇。
するとなんと!河西さんもご存知だったということで大盛り上がりに。
「世間はせまいね~」なんて言ってると、
後ろから背中をつんつん。
振り向くとそこに先輩が!
なんと高校時代の先輩が来ていました!
しかもその人、高校の先輩なので河西さんとも先輩後輩関係。
そこでも盛り上がってると、
cocowellの東さんと先輩も知り合いのご様子。
聞いてみるとなんと従兄妹!!
まさかこんなにつながれるとは思っておらず、
4人で大はしゃぎしました。笑


やっぱりイベントっていいなぁ、と
心から楽しめた一日でした。
皆さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by asante-fair | 2008-04-13 19:44 | ロゼーラケーキ

かざぐるまつり

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋。そして、イベントの秋。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
じゃんけんに負けて(笑)、ブログの担当になった3回生せつこです。
10月21日にいこま福祉会かざぐるまにて「かざぐるまつり」が開催されました!
かざぐるまつりでは、一般の方に開放されて、たくさんの食べ物が販売されたり、ゲームやバザーが催され、たくさんの地域の人々がいらっしゃいます☆

そして、われらが「ロゼーラケーキ」の販売を応援するべく、ASANTEから1回生博士と3回生のわたくしが参加してきました!

今回私たちは、クッキー班のブースにてロゼーラケーキを販売させていただくことになったのですが、クッキー班のあまりの盛況ぶりに自分たち団体の説明どころではなくなりました・・・笑

それもそのはず、クッキー班のブースには「焼きたてパン」がとってもいいにおいをだしながら、整列していたのです!!
そりゃ、みんなよってきます!
e0021719_0204965.jpg

押し寄せるお客さんの行列にかなりパニックになりながら、会計の計算をしたり、パンを袋に入れたり、みんなでてんてこまい!!

しかし、その中でもハカセはマイペースにちゃっかりロゼーラティーをすすめていきました!
いや、彼は大物になりますね。
なかなか説明は上手かったです。
これからに期待大!!

会計では、
クッキー班の利用者さんで、パティシエの一人、
タイチさんの計算の速さにかなり助けられました・・・・
こまったときのタイチさん。ありがとうタイチさん。

パン屋のバイト(違う)って、こんなに大変なんや!!と感じさせられました。
いや、ほんまに勉強させていただきました。

私も休憩時間にクッキー班の焼きたてパンを食べさせていただきましたが、
その人気の高さを納得させられました。
美味しいんです。

ついつい、「福祉作業所」(今はこの名称はないそうです)のパンって思いがちなのですが、
本当にプロのパンだと思います。しかも、種類が多い!!
アンパン、サイコーでした!

私たちが販売しているロゼーラケーキの味も「福祉作業所」とのコラボだからできたものではなく、かざぐるまのクッキー班のブランド「moulin」とのコラボだからできたものなのだと、
改めて感じさせられました。
よく国際社会で国際協力は民際協力から。という言葉をききますが、
それと同じことだな。と思います。
福祉とフェアトレード。なんていっているけど、
それを行っている私たち個人が交流して、お互いを理解して、
はじめてコラボがなりたつような気がします。

さて、お昼も過ぎると、大分お客さんの流れもおちついてきて、
私たちのロゼーラティーも売れはじめました☆
主婦の方や若い方が興味深げに飲んでくださいました!
なんとロゼーラティーは開催時間の10時から15時の間に23杯売れました!!
ポット1杯以上ですよ!!やりました!

なかには味を気に入ってくださり、茶葉まで買ってくださる方も!
その熱意にホンマ感激しました。

同じ近大生のボランティアの子もいました☆
「ラオス報告会」の人ですよね?なんて声をかけられてびっくり!!
そうやって、私たちの活動がどこかで記憶していただいてるということに
大げさですが、ほんまに感謝したいです。

さて、じゃんけんには負けてブログ担当になった私ですが、
実はちょっぴりラッキーと感じています。

1回生の頃から参加しているイベント。3回目になるとなんだか感慨深いもんです。
なんだか、3年間が走馬灯のように流れました。
そして、1回生のときよりも自然な気持ちで「かざぐるまつり」に参加している自分にも
気付かされました。本当に楽しかったです!

今年は2人の参加でしたが、来年もいろんなメンバーに参加してほしいと思います☆
来年がなんだか楽しみですね♪
長文失礼しました☆
e0021719_017271.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-10-24 00:26 | ロゼーラケーキ

ロゼーラ調査報告会

夏休みが終わり、後期の授業がはじまりました!
3回生ハゼです。ASANTEはこれから、学祭にむけてバタバタしてくることと思います。

今回、タンザニア、タイに調査に行かれたT先生が、ロゼーラ調査報告会を開いてくださいました。
非常におもしろいお話をしてくださり、また、なかなか目にすることのできないタンザニア国内の写真を見せていただくことができました。

先生はもともと、タンザニアで唯一(?)以前から農民によってロゼーラが生産されていたコンドア県を訪問されました。地元のランギ語では、ロゼーラは「choya チョーヤ」と呼ばれているそうです。

ちなみに、タンザニアの首都ダルエスサラーム市の中央市場の店員は「血のチョーヤ」と呼んでいたそうです。ロゼーラには、マラリアなどの病後に造血作用があるのだとか。。。うむむ。みなさん、献血前後にはロゼーラを飲みましょう!また、ロゼーラにはエイズ抑制効果もある?!ということもお聞きしました。ここまでくるとロゼーラってすごすぎる。万能ですね。

ロゼーラは、お酒の材料として多くが生産されてきました。その背景には、中部の乾燥地帯では、政府によってとうもろこしなどの穀類を酒造に使うことを禁止されていたので、かわりにお酒がつくれる作物として注目されたという事情があるのでは?とのことでした。

しかし、ロゼーラはあまり売れず、市場がなくて、自然に生えたまま放置されている状態のようでした。今はヒマワリが売れるので、人々はそちらの栽培に力を入れているそうです。

ロゼーラは市場では売れていませんが、まずは生産者が自分達で使用用途を見つけ、それを根付かせることが大切という話を聞きました。

その後、スライドショーでタンザニアのロゼーラと、タイで育つロゼーラを見ましたが、その違いに驚きました。タンザニアのものだけを見ていれば不思議には思いませんでしたが、タイのよく育ったロゼーラに比べると、タンザニアのロゼーラはひょろひょろの枝にぽつぽつ実がついていて、どうしても見劣りしてしまうような。。。気候の違いが影響してるんでしょうか?


あと、ここからはおまけ?です。

アフリカには、モリンガという植物があります。
タンザニアでは、ロゼーラとモリンガの粉末を混ぜて飲んだりしているそうです。

モリンガは「奇跡の木」「生命の木」「薬箱の木」とも呼ばれます。地球上で現在までに発見された食べられる植物の中で、最もバランスよく豊富な栄養素を含んでいるのだとか・・・。そして荒れた乾燥地や汚れた水しかない地域でも、半年で4~5m育ち、水質浄化作用もあると謳われている、何だかすばらしい木です。

ロゼーラと飲むと薬効がすごそうですね。

今回、このモリンガの種をいただき、ASANTEメンバーみんなで食べてみましたが、
その味は・・・・・・すごい。珍味です。苦味と甘さが同時に来ます。う~ん。機会があれば、ぜひお試しください。
e0021719_11274068.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-30 22:42 | ロゼーラケーキ

淡路島旅行

 おはようございます。1回生の川上です。
かざぐるまさんと利用者の方々と一緒にボランティアとして、1泊2日の淡路島旅行に行ってきました。参加したのは、3回生の長谷川さん、1回生の松村君、田中君、川上です。かざぐるまに着くと、それぞれ行動する班に別れ、付き添う利用者さんが決められました。そしてバスに乗り、神戸花鳥園というところへ行きました。
 花鳥園には花がたくさんあり、キレイでした。利用者さんたちと手をつないで歩き、花や鳥を見ました。ペンギンやクジャク、フクロウなどがいました。フクロウはほとんど動かず、残念でした。
 その後、パルシェ香りの館というところに行きました。そこではみなさん買い物(お土産)をしたりソフトクリームを買って食べたりしました。バラ味など珍しいソフトクリームがありました。
 次に、たこせんべいの里というところへ行きました。ソース味、梅味、たまねぎ味、わさび味などいろいろありました。それぞれ試食が出来ます。
 ホテルは思っていたよりも広く、大浴場もありました。ホテルに着くと、今度はそれぞれ宿泊する班に別れ、各部屋に向かいました。部屋に荷物を置いた後、みんなでお風呂に入りました。利用者さんの背中を洗ってあげたり、しゃべったりして楽しかったです。
 その後、部屋に戻り6時に夕食です。お肉や魚、釜飯、お刺身などとてもおいしいものばかりでした。利用者さんの中には、食膳、食後、就寝前に服薬が必要な方がいらっしゃいます。夕食も半ばになると、カラオケが始まり、利用者さんたちが歌い始めます。みんな手拍子をしたり、壇上で踊ったりして、盛り上がりとても楽しい時間でした。歌がうまい方が多いことに驚きました。
 寝る時間、僕と同じ部屋だった利用者さんは、比較的おとなしい方だったのですが、1人、独り言を言う人がいてその人はなかなか寝付いてくださらず、独り言で他の利用者さんも起こしてしまうので大変でした。次の日、朝食は和食でした。
 朝10時ごろ、ホテルを出て淡路島牧場というところへ行きました。牛の乳搾りや仔牛にミルクを飲ます体験やポニーメリーゴーランド(本物の馬によるメリーゴーランド)、馬のえさやりが出来ます。利用者さんの中で馬が怖いという方がいて、その人にみんなえさやりをさせようと一時盛り上がりました。お昼はバーベキューをしました。
 次に、うずしおを見に行きました。うずしおがなぜ出来るのか、音声ガイドが言っていたのですが。そこは聞き逃してしまいました。見られたうずしおは、少なかったのですが、始めて見るうずしおに感心しました。船内は風が気持ちよく、椅子に座っていると眠気が襲います。田中君や長谷川さんも最後のほうは寝ていました。
 最後の観光地、淡路ハイウェイオアシスでは、皆買い物をしました。アサンテにもお土産を買いました。ハカセは、実家へのお土産をたくさん買っていました。
 この旅行を振り返って思うのは、僕は障害を持っている人に対して、偏見を持っていたんだなあということです。障害を持ってかわいそうだと思っていました。しかし、全然、そうではありませんでした。話しかけるといつも笑顔で話してくれたり、この人たちは、人を疑ったり、恨んだりしたことがあるのかと思うくらい、純粋で誰に対してでも明るく接してくれます。こちらも穏やかな気持ちになります。
 今回、旅行に参加させてくださったかざぐるまさん、忙しい中米田さんと連絡をとってくださった瀬戸さん、ありがとうございました。
e0021719_2036390.jpg
e0021719_20362912.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-10 11:30 | ロゼーラケーキ

タンザニア勉強会

残暑お見舞い申し上げますー。2回の瀧山です。
この度は、大阪は森ノ宮でタンザニア勉強会が開かれた次第をお伝えしたいと思います。

今回のタンザニア勉強会は、2回の矢田さんを筆頭に1回生の丸谷くん、川上君、松村くんが
発表をしてくれました。
まず、丸谷くんの地形、気候、産業、教育の話から始まり、川上君の鉱業や社会政策、農業、そして松村君の文化や宗教の話などタンザニアの様々なことについて発表をしてもらい、それから矢田さんからASANTEとタンザニアのロゼーラのつながりについて、いろいろ説明を受けました。

肝心の内容ですが、私がおもしろかったことを箇条書きにて

・タンザニアはキリマンジェロの山の高さに始まり、ナイル川の長さ、ビクトリア湖の大きさなど
 アフリカで1位を誇るものを持つ。
・「星の王子様」とかに出てくるバオバブの木を有効活用している。大きな白い花が咲くらしい。
・タンザニアのダイアモンド量は、世界のダイヤモンドのわずか0.5%のみを占めるだけだけれ  ど、それは現地の人達には大きなお金であり、鉱業のおかげでタンザニアの経済が拡大している。
・イスラム教の一夫多妻制により子供が多くなり就学率がとても低くなる地域がある。全体的に見ても 教育水準が低く、小学校から中学校に上がれる子供は15%である。(首都圏は別という話)
・体罰は1日6回までと決められた決まりがある。
・世界大戦中にお金の分配が少なくて資本主義になりきれず社会主義になった。
・中心産業は農業であるけど成長率が低い。気候に左右されやすい農業だという話。
・コインが国のトップの位置にあった歴代スルタンの柄である。
・多部族制で、それぞれ文化も食べ物、嗜好も信仰も違う。
・どうも儀式重視の色合いが強い部族が多く、現代においても自分たちの文化の誇りを持って暮らす部族もいる(例えば有名なマサイ族)。

という感じです。うぅ、そんな感じでございます。もし間違ってるところがあれば恐縮。おおいにつっこんでやって下さい。
一回生がメインでやっていたのですが、いろいろ参考資料や本などをいっぱい回してくれたのでわかりやすく、文化の話などとてもおもしろかったのでしっかりしていて、すごいなぁと思いました。
今回の勉強会ではなかなか勉強不足だったタンザニアの側面について(気候や地形、社会や文化など)について知ることができたのでとてもいい機会になったと思います。

そんな所ですが、今回の夏ASANTE会では、また新しい一回生に会えたり(おもしろいです。)
OBって感覚ではまったくないのですが(失礼な意味ではありません!)長谷川さんに久しぶり?に会えたりと、なかなか良いめぐりあわせでしたので、私的にはとても楽しかったです。うん、なんか勉強くさくないことばかり書いてますが(というかそれしか書いていない汗。)、夏休みボケてますので許してやってください…。すみません、先輩のかけらもございません(T_T)
では乱文長文駄文のダメダメコンボで失礼しましたー。
e0021719_17495496.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-08-11 02:17 | ロゼーラケーキ

つばきさんと奈良の人たち

7月18日つばきさん親子と平群里山クラブと自然農法で知られる川口さんのお宅へお邪魔しました。
参加者はT先生と私ハカセです。
平群里山クラブの方々は山の中に竹を刈って整備されている団体です。
HPもありますが見た感想としてはある意味近大の里山より凄いです。
大変気さくな方ばっかりで娘さんも興味深そうにT先生と一緒に山の中の畑を見て回っていました。
つばきさんもロゼーラについて聞かれたりタンザニアについて地図つきで説明したりなどいろいろなお話をされていて交流も深められたようでした。
娘さんはというとなんと平群里山クラブの中に英語がうまい方が何人か折られて英語で見事にコミュニケーションされていました。
・・・・・英語力の大切さを痛感しました。
お食事においしい黒米のカレーをいただきました。そして食事の後椿さんたちが能を舞う舞台でタンザニアの国家と日本の歌を歌ってくれました。ちなみに歌は私があまり知らないのと、どうやらかなり古い歌のようなのでわかりませんでした。
おみやげにつばきさんにまな板、娘さんに木工クラフトが差し上げられていました。
交流会が終了したときある方が日本の歌をもう一つ覚えていってもらおうと、ピアニカを出し、「ふるさと」(うさぎお~いし、って歌です)をBGMに平群里山クラブのkati-kati山を後にしました。ちなみに参加大歓迎だそうです。
そして川口さんの畑へ。
川口さんの畑は一言で言うと周りから浮いています。田んぼにしても畑をある程度分けて、水路を作り、そこに水をいれ田自体はぬかるむ程度です。
つばきさんだけ中に入りましたが普通の靴ですし、土がふかふかで今年の草があるので図ぼっとはまったりしません。とてもふかふかですし、あたりにしょっちゅうカエルなどが見られました。
つばきさんと川口さんはお互い農に長い間携わってきた人だけあって熱心に話されていました。
つばきさんも川口さんの自然農について熱心に聴いておられていました。
川口さんもつばきさんのタンザニアでの農業経験、農業の話などについて熱心に聴いておられました。このふたりの雰囲気に農に携わる人たちの、一つの何かについて知識を深めてきた人たちの何かを見た気がします。・・・・・・わかりづらい説明ですみません。
タンザニアの伝統農業と自然農に共通することもありこちらも勉強になりました。
畑を見学した後、川口さんのお宅で今までの記録を見せていただきました。一株の稲が三十株以上に分岐した写真、川口さんの歴史を見せていただきためになりました。
興味がある方は川口さんのところである妙なる畑の会や赤目自然塾に顔を出されてもいいかと思います。
川口さんにつばきさんがロゼーラケーキを差し上げ、ほかに平群の方がお土産を差し上げて川口さんとの交流は終わりました。
[PR]
by asante-fair | 2007-08-02 10:59 | ロゼーラケーキ

つばきさん親子とかざぐるま訪問♪

3回生 せつこです☆

先週はロゼーラをタンザニアで栽培してらっしゃるつばきさんがいらしゃったASANTEにとって
歴史に残る週でした!!

7月17日には我らがロゼーラケーキを作ってくださっている「かざぐるま」さんへつばきさんと訪問しました。参加したのは、我らがT先生をはじめとして、4回生のミサさん、ひよこさん、3回生からはペち!とわたし。1回生からはハカセです。

憧れのつばきさんがいらっしゃるということで、17日の朝からどんだけ浮き足だっていたことか笑  つばきさんはお写真でしか拝見していなかったのですが、直にお会いして、小柄な方にも関わらず優しさと厳しさを両方持っているどっしりした方という印象を受けました。

かざぐるまでは、クッキー班の藍さんを初めとして実際にクッキーを作ってくださっている利用者さんにお会いすることができました。
皆さん明るくて、突然現れたタンザニアのお客様に興味津々!
皆でクッキー班のみなさんが作ってくださった「ロゼーラケーキ」を食べました。
まさに和気藹々~

今回の訪問は、タンザニアで育てられているハイビスカスが日本でどのように利用されているのかを知っていただき、ロゼーラというハイビスカス茶葉を通して「日本とタンザニアの交流」を計るというもの。
実際、かざぐるまで作ってくださっているロゼーラケーキを紹介するだけでなく、
タンザニアでロゼーラがどのように作られているか?どのように利用されているのか?
などをつばきさんからお聞きすることができ、ロゼーラを通して文化も交流しているのだと実感しました。
お話しを聞くうちに『新商品』の話しもちらほら。
夢物語ではないかもしれません・・・笑


ロゼーラの詳しい情報については、メンバーではミーティングで、
外部の方にはHPで還元していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします♪
e0021719_0211937.jpg

ASANTEはロゼーラのおかげで色々な人に出逢わせていただきました。

つばきさんをはじめとして、クッキー班の藍さん、利用者さんに福井のNPOの方々。
なんだかいろんな人に感謝したくなりました。

ロゼーラで少しずつ、日本-タンザニアの交流の証を作っていきましょう!
e0021719_0213552.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-07-25 15:56 | ロゼーラケーキ