かざぐるま見学



こんばんは。
1回環境管理学科つじいです。


本日は、矢田さん、瀧山さん、今井君、見浪さんというメンバーで
かざぐるまさんに見学に行かさせていただきました。


行く前まで私は「何をしているところなのだろう??」とか考えていました。

しかし実際に行ってみて、パンやケーキなどを作っているところをのぞかせていただき、普通にびっくりしてしまいました。
皆さんが私たちと変わらない位(自分たち以上??)真剣に仕事に取り組んでおられました。


「人が見ている方が頑張ってくれるんです。」
職員さんはそう言っておられました。

全レシピが頭の中に入っている方、包丁が全員使用できること、型抜きがとても得意な方、ミキシングが得意な方など職員の方はとても嬉しそうに話してくださいました。

今でこそ、皆さん覚えて作業をしているけど、やはり最初は教えることは大変だったそうです。
最初引き算ができなかった方もおられ、ケーキやクッキーを作る上でとても大変だったと言っておられました。

中で作業をされていた方々はやはり様々な症状の人ばかりで自閉症、サバン症候群、ダウン症など聞いたことはあっても、その症状については全く知らないものばかりでした。
それに、今まで自分は名前を聞いただけで偏見を持ってしまっていました。

しかし今日皆さんと話さしていただいた所、実際に受けた印象は年下の自分が言うのもどうかと思いますが「かわいい」でした。


皆さん、とても素直で、自分の仕事のことが大好きで、だからこそとても努力しているという事がとてもよく伝わってきました。
皆が自分の仕事に誇りを持っており、周りに流されないと言った点でとても職人に向いていると思いました。


その後、クッキー班の他に、リサイクル班、陶芸班、園芸班など少しずつですが見学させていただきました。
作業の邪魔になってはいけないと長い時間いることはできなかったのですが、自分の班について説明をしてくださった方々は、とてもいい人ばかりでした。


今日かざぐるまさんを見学に行けて、とてもいい経験ができました。
今までの自分の考えを変えることができました。
職員の皆さんありがとうございました。
パンもとてもおいしかったです。

最後にデジカメを持っていくのを忘れてしまったことがとても残念です。
[PR]
by asante-fair | 2008-07-29 21:53 | 日記
<< 勉強会 コーヒー 「かざぐるま」職員さん来校 >>