淡路島旅行

 おはようございます。1回生の川上です。
かざぐるまさんと利用者の方々と一緒にボランティアとして、1泊2日の淡路島旅行に行ってきました。参加したのは、3回生の長谷川さん、1回生の松村君、田中君、川上です。かざぐるまに着くと、それぞれ行動する班に別れ、付き添う利用者さんが決められました。そしてバスに乗り、神戸花鳥園というところへ行きました。
 花鳥園には花がたくさんあり、キレイでした。利用者さんたちと手をつないで歩き、花や鳥を見ました。ペンギンやクジャク、フクロウなどがいました。フクロウはほとんど動かず、残念でした。
 その後、パルシェ香りの館というところに行きました。そこではみなさん買い物(お土産)をしたりソフトクリームを買って食べたりしました。バラ味など珍しいソフトクリームがありました。
 次に、たこせんべいの里というところへ行きました。ソース味、梅味、たまねぎ味、わさび味などいろいろありました。それぞれ試食が出来ます。
 ホテルは思っていたよりも広く、大浴場もありました。ホテルに着くと、今度はそれぞれ宿泊する班に別れ、各部屋に向かいました。部屋に荷物を置いた後、みんなでお風呂に入りました。利用者さんの背中を洗ってあげたり、しゃべったりして楽しかったです。
 その後、部屋に戻り6時に夕食です。お肉や魚、釜飯、お刺身などとてもおいしいものばかりでした。利用者さんの中には、食膳、食後、就寝前に服薬が必要な方がいらっしゃいます。夕食も半ばになると、カラオケが始まり、利用者さんたちが歌い始めます。みんな手拍子をしたり、壇上で踊ったりして、盛り上がりとても楽しい時間でした。歌がうまい方が多いことに驚きました。
 寝る時間、僕と同じ部屋だった利用者さんは、比較的おとなしい方だったのですが、1人、独り言を言う人がいてその人はなかなか寝付いてくださらず、独り言で他の利用者さんも起こしてしまうので大変でした。次の日、朝食は和食でした。
 朝10時ごろ、ホテルを出て淡路島牧場というところへ行きました。牛の乳搾りや仔牛にミルクを飲ます体験やポニーメリーゴーランド(本物の馬によるメリーゴーランド)、馬のえさやりが出来ます。利用者さんの中で馬が怖いという方がいて、その人にみんなえさやりをさせようと一時盛り上がりました。お昼はバーベキューをしました。
 次に、うずしおを見に行きました。うずしおがなぜ出来るのか、音声ガイドが言っていたのですが。そこは聞き逃してしまいました。見られたうずしおは、少なかったのですが、始めて見るうずしおに感心しました。船内は風が気持ちよく、椅子に座っていると眠気が襲います。田中君や長谷川さんも最後のほうは寝ていました。
 最後の観光地、淡路ハイウェイオアシスでは、皆買い物をしました。アサンテにもお土産を買いました。ハカセは、実家へのお土産をたくさん買っていました。
 この旅行を振り返って思うのは、僕は障害を持っている人に対して、偏見を持っていたんだなあということです。障害を持ってかわいそうだと思っていました。しかし、全然、そうではありませんでした。話しかけるといつも笑顔で話してくれたり、この人たちは、人を疑ったり、恨んだりしたことがあるのかと思うくらい、純粋で誰に対してでも明るく接してくれます。こちらも穏やかな気持ちになります。
 今回、旅行に参加させてくださったかざぐるまさん、忙しい中米田さんと連絡をとってくださった瀬戸さん、ありがとうございました。
e0021719_2036390.jpg
e0021719_20362912.jpg

[PR]
by asante-fair | 2007-09-10 11:30 | ロゼーラケーキ
<< 畳の部屋で勉強会 Love Earth >>