日本の青空@ならまちセンター

e0021719_12173153.gif




せつこです!

かな~り、遅くなってしまいましたが
5月にT先生のご紹介により、『日本の青空』という映画を見てきました!

今更、ブログ書くの!?なんて思った方もいると思います。
でも、すっごく大事なことなので、遅くなってもいいから書き書きしちゃいます!
すみません!

先生とご一緒させてもらったのは、
4回生ひよこさん、ミサさん、1回生からは丸P、ハカセ、タッチと3回生私、せつこ。総勢7名。


この映画は
60年前に作られた「日本国憲法」はどのように作られたのか?を、
鈴木安蔵氏に注目して、わかりやすく伝えてくれました。

鈴木安蔵氏は、わたしもこの映画で初めて知ったのですが、
民間からGHQに提出された憲法改正案を草稿した中心メンバーの一人。

現在の政府が訴えている、憲法改正案のネックになっている
「今の日本国憲法はGHQに押し付けられたものだ」
という主張を裏返す事実でした。

つまり、今の憲法は戦争後に日本政府が作ったものでも、
GHQが勝手に作成して、押し付けたものでもなく、
日本国民が草案を作ったものである
ということ。


いやはや、びっくりしました。


しかも、今問題になっている9条。
憲法改正のときGHQと政府の間にはさまざまな話し合いが行われました。
天皇のあり方、女性のあり方。
けど、この9条に関してはあっさり認めてしまった日本政府。
時代はどう転ぶかわかりません。
(ちなみに、安藤氏たち憲法研究会のメンバーはあえてこの項目については空白をとっていました)

知らないことばっかりで、
自分の勉強不足をかなり痛感・・・。

個人的にはこの映画を作られた大沢豊監督は中高のときに
人権映画の日に見た映画の監督さんで、私的にはかなり、思い出深くありました笑 
どっかでつながっているもんなんですね。

気になる方は「日本の青空」HPのほうへどうぞ!
http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/index.html

国際協力やるにしても、フェアトレードやるにしても、なにをやるにしたって、
日本のことを知らなきゃ、実のあることはできないんですよね。
バランスをとりながら、勉強していかなくっちゃ!
選挙権を持ってる、または近々持つことになるわたし達にはその義務があるのかもしれません。
まだ奈良や京都でも上映日は沢山あるので、ぜひ行ってみてくださいね!

憲法改正(悪?)がとりあげられてる今こそ、そのときなのかも。

T先生、よい機会を本当にありがとうございました!
またASANTEメンバーを誘ってやってください!

そして、まだまだ、ブログネタはあります笑!ってか、たまってます!笑

近日公開(?)しますので、暖かく受け取ってやってくださいませ!

では、また!
[PR]
by asante-fair | 2007-06-11 12:20 | 日記
<< パソコン勉強会 エコロジカルフェアトレード勉強会!! >>