「ヒバクシャ 世界の終わりに」 at 吹田メイシアター

吹田のメイシアターというところで「ヒバクシャ 世界の終わりに」というドキュメンタリー映画を見てきました。

「ヒバクシャ」というとピンと来ないかもしれませんが、漢字で書くと「被曝者」です。

被曝者といえば、第二次世界大戦でアメリカが広島と長崎に落とした原爆によって被害を受けた人達というイメージが強いですが、日本のほかにもイラクやアメリカなどにも被爆者がいたり、日本においても広島や長崎以外にも被曝者と言われる人達がいるかもしれないというような映画でした。

まずイラクですが、湾岸戦争の時にアメリカが使用した劣化ウラン爆弾による被害。

その被害によって、イラクの市民が被害を被り癌や白血病になって、場合によっては死にいたることもあるそうです。しかも発病するのは主に女性か子供が多いそうです。治療するにも経済制裁をされたり、大量破壊兵器の材料になるという理由で抗がん剤やワクチンの輸入が制限され、ろくに治療が受けられません。もともとフセイン政権は医療制度は充実してたのにアメリカが入ってからおかしくなったとかという話も・・・

そのアメリカでも被曝者がいます。アメリカのワシントン州のハンフォードという農業地区があるんですけど、そこには政府が運営している核爆弾を製造する施設があり、そこでも放射能がもれ、被曝者がいます。やはり女性や子供に多く被害が見られ、その地区に住んでいる家族の中で流産や奇形児が生まれるといった経験をするのは当たり前で、やっかいなことはそういった被害に対して国が圧力をかけて、もみ消してしまおうとすることです。

ハンフォードでの被害はアメリカ国内だけにかかわらず、日本に住んでいる私達にも被害を及ぼすかもしれません。なんとハンフォードで作られているジャガイモや牧草が日本に輸入されいています。マク○ナルドのポテトもそうですし、白○屋にもハンフォードで作られたジャガイモが使われてるそうです。白○屋の方はしっかりとトレーサビリティーによって証明されています。

個人的にはもうマ○ドも白○屋には行く気がしないです。特にポテトは!!アメリカからの輸入された牧草や穀物を食べている日本の牛も信用できないですね。

またチェルノブイリや中国の核実験によっても日本国内での放射能の被害があるとの説もあり、そういわれてもおかしくはないデータもそろっています。気流にのって日本国内に流れてきており、北海道から東北にかけて、その事件がおきた10年後ぐらいに癌や白血病で死亡する人が急増するというデータがあります。

そう考えると世界中もう安全な場所がないような気がしますが。。。

この映画通じて感じたことは、今まで知らなかった被曝者の被害があったこともそうですが、一番恐ろしいのは、日本国内において情報が偏っているということです。この映画を上映するにあたっても広報の段階でいろんなとこで規制がかかったりもしたみたいです。

特に日本のメディアは政府が不利になるような情報が少なすぎると思います。この映画から得ることができる情報というのも偏っているといえば偏ってますが、やはりそういった側面は今まで世間に出てきませんでしたし、こちらの情報の貰い手としても、情報を選ぶ権利すら与えられてないわけで、そういった世の中で果たしてよいのか?と思いました。

あ~書いてるうちにちょっと熱くなっちゃいました・・・・

久しぶりに長文書きました。。。

ほんとはもっと書きたいことがあるんやけど、あんまり書きすぎると読むのがしんどいのでこのへんで抑えときます。

以上です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by はせがわたく
[PR]
by asante-fair | 2006-07-10 01:10 | 日記
<< 楽ちゃん合宿 日朝友好関西学生フォーラム@大... >>