ナイロビの蜂

どうも、せつこです。
ASANTE 勉強会活動の一環として、布施へ映画を見に行ってきました!!
 参加者はミサさん、おっくん、私の3人です。

冒険小説の巨匠、ジョン・ル・カレの最高傑作「ナイロビの蜂」を原作とした映画です。ストーリーは妻の死に隠された世界的な陰謀を追ってアフリカの大地を巡るというもの。

アフリカの現状、世界観を一つの映画を通してみることができました。
考えさせられることは沢山ありました。
アフリカが持つ底抜けの明るさとか、なかなか変えることができない過酷な現実。
それは、AIDS問題もあり、貧困問題もあり。そして国や企業の援助のあり方まで。

ラストが本当に切なかった。(ネタばれはやめときます。)
スタッフロールを見ながら、余韻として残っていたのは「悔しさ」でした。
どうしてこんな事件が起こるんだ?どうして変わらないんだ?
でも、自分の無力さを呪っていてもいけないんですよね。
自分が今何ができるか?それを考えてやっていくしかない。映画の主人公たちは誰もがそうしていた。それは、恋人のためだったり、家族のためだったり。様々だったけれど。

国連が協力した映画ということもあり、ASANTEが参加したイベントを主催していたWFPの飛行機による食糧投下シーンを見ることができました♪もちろん、撮影の為に行われたものではありますが・・・。機体を傾けると、食糧(市販の売られているおコメのような形)が次々と投下され、地面に落ちた食糧を女性たちがかついでいきます。(男性は計画性がないので、直接は渡さないと映画の中で言われておりました笑)
こんな風に実際に行っているのだとイメージが湧きましたvv
まあ、色んなパターンがあるんでしょうが・・・。

おっくんの横で女二人のすすり泣く声が響いておったような気が(笑)
 
これは一つの映画です。エンターテイメントです。そして、一つのプロパガンダ。
どんなに映画の中に引き込まれても、スタッフロールが終われば客観的にならなくちゃいけない。それを、私なりにできるだけ踏まえた上で言います☆
「めっちゃいい影響を受けました!!」

公式HP→http://www.nairobi.jp/ 興味のある方は是非♪

このような映像を見る勉強会も継続的にやっていきたいので、今回参加できなかった皆さん是非次回はお願いします♪次はホテル・ルワンダがレンタルされた後かな?
レンタル代、会計さんだしてくれないかな~。
次の感想はミサさんです↓☆

こんにちは☆misandalです☆
まず、せっこちゃんおつかれです☆

やはり映画はよいね・・映像とストーリー性をもって勉強できるので。
時間があっというまにすぎてしまいました。

この映画は・・・正直いって後に残る余韻が切ない・やりきれない・・・けれども
主人公たちの自分の正義を貫く生き方は感動するものがありました。

アフリカだけでなく、こういう問題は身近にあると思う。
政府と企業の癒着。お金儲けのために走る企業の裏側で声もあげれず、あげても無視させるか過激なとこでは命ごと闇に葬られる人々・・・・。
光の裏に闇があって、お金のうらに苦しみがある。社会構造ってゆがんでる・・・
だからこその今のエアコンの中のパソコン生活なのだけど・・・

けっきょく私にはなにができるんだろうと考えました。
せっこちゃんが書いてくれたWFPの飛行機のシーンで1人の現地の男の子が逃げ込んだときにやはり中のWFPの人は降ろせといった(ネタバレすいません)それはWFPとして1人の子を助けたら、みんなも助けなくちゃいけない。やはり特別扱いはできないと・・それは機関のあり方として仕方ないことだと思う。それに対しての主人公のセリフは今目の前にいるこの子を確実に助けれれるのは私たちだ!っていうセリフ・・心に残りました。結局男の子は自ら飛行機を降りるんだけど・・・その先に待つのは・・・・・
アクションの起こし方って難しい。なんに関しても。

けどはじめなきゃはじまらないよね・・・主人公たちも正義を貫いた生き方をした。
自分の保身のためにお金にすがったり、権力に頼ったりしなかった。
そういう真摯に生きることの美しさを見れた映画でした☆

そして、アフリカに生きる人々の様子・・・車を石でとめてお金をせびる子どもたちの様子や、AIDS問題を喜劇にしてしまう明るいアフリカの人々の様子も・・・
いつかはこの足で行ってみたい。
私ごときが何ができるんだっていわれればそれまでだけど・・・・

皆にも是非みてもらって意見交換しあいたいな~♪♪
(おまけ)あともしスカパー映るかたいらっしゃいましたら・・6月29日7時15分からエンドオブザワールドっていう映画が放送されるので是非みてください☆人間のおろかさと尊さと環境の大事さが描かれてます☆おすすめ!!

次はホテルルワンダ鑑賞会かなっ♪楽しみ!!
次の感想はおっくんです↓
[PR]
by asante-fair | 2006-06-10 23:17 | 日記
<< walk the world ... 「平和がええねん!!地球平和ま... >>