ワインイベント

misandalです☆

先日、16日に甲子園口で行われたフェアトレードワインイベントにいって参りました☆
マスダさんというワイン輸入会社の南アフリカワインの輸入を担当していらっしゃる
三宅さんを囲んで、9人くらいの少人数でしっとりとした雰囲気で行われました。

三宅さんは南アフリカ・ケープタウンに3年間滞在してらっしゃった方で、南アフリカの
写真なども見せて頂きましたが、私たちが想像するアフリカのイメージとは違い、
緑がとても綺麗なブドウ畑!!世界の10/1の花が集まっている地域だそうです。
しかも、南アフリカは世界でも最も厳しい環境基準をおく国だそうで、化学肥料のかわりに
鶏糞や有機肥料を使ったり、除草剤の代わりにブドウ畑に麦を植えたり、環境に配慮したワイン造りをおこなっているようです。

しかし、南アフリカは1991年までアパルトヘイト(白人主義)が行われていてワイン農園をもっているのは、白人、労働は黒人、品質維持などの専門職は白人という社会だったため、黒人
独自のワイナリーというものがなかった。1994年にマンデラ大統領が当選して以降、黒所有の
ワイナリーが増えたようです。しかし、いまだ,貧しい生活者が多いといいいます。
低い識字率、教育不足、技術不足。。。

南アフリカは、国内でフェアトレードができる国だといっておられました。
国内に、富めるもの、貧しいものがいる。しかしそれは白人・黒人という枠内で分けれないものだそうです。白人の中にもアパルトヘイトと戦い、貧しい人のため支えようとする人がいたり、
また黒人の中にも、自分の権力のために汚職をしてきた人もいる。様々な立場があるのでフェアトレードを勉強するには最適な国だそうです!(誰か国プロでやって~☆☆)

私が興味を惹かれた点はフェアトレードでもビジネススキルは必須だということ。
NGOではなく、商社。一般の会社がフェアトレードをビジネス的にやることに意味があるといっておられました。多くの人にかってもらい、広く広めて、現地のよりよい暮らしを支える。それをするためには、まず自分に収入があってフェアトレード活動が出来なくてはならないし、世間に広めようと思うなら、フェアトレードのことをなんにも知らない人が本当においしい!とおもってもらわなければならない、そのために、おいしいもの・品質のよいものを提供することが
大切だと。。。
私も自分が買うならそうでありたい!支援ではなく。。!!

赤・白6種類のワインを頂きました。最後のはフルーツワインも飲めました!!
ワインをおいしく飲んで綺麗になるプラスフェアトレードに思いを馳せる。。。

ワイン、今度だれか一緒に飲みましょう。。。!!
[PR]
by asante-fair | 2006-03-20 01:45 | 日記
<< ☆SAGE主催~EARTHDA... マイクロファイナンスとオイコク... >>