オルタートレード研究会

新・長谷川です~。いよいよ学祭来週ですね!気合入れていきましょーー(☆o☆)最近ハードであります。そろそろしんどくて学祭早く終わってほしいと思うようになってます・・・。(-_-;)
FT意識調査アンケートプロジェクトも順調(?)です。近頃はもっぱらアンケートを三つ折りにしたり、封筒に入れたりと内職してます。もうじき全国にばらまかれる予感でございます★

さてさて、先週の日曜日の報告です。皆がかざぐるまにお手伝いに行ってる中、私はオルタートレード研究会に参加しました~。
池上先生のお話。南アフリカでは、マーケティング戦略の一環としてフェアトレードが存在するそうです。というわけで、フェアトレードを広めていくには、農場労働者へのインパクトが大きく関わってくるみたいです。
それから、ルカニ村プロジェクトの辻村先生のお話もお聞きしました。
フェア・トレードを理論的に検討するときに、「フェア」からの評価と、「アンフェア」(相対的評価指標)からの評価があるようです。フェアからの評価というのが、通常の視点ではないかと思います。(労働)価値の等価交換から評価する、というのがそれです。アンフェアからの評価は、辻村先生が行っているもので、既存の貿易の「アンフェア」をいかに公正化できるかで評価します。私は、これはおもしろいな~と思いました。
資料にといただいたプリントあります☆見てみたいお方は長谷川に一言おかけ下さい★
学祭終わったらどんどん勉強していきたいですね!それでは~♪
[PR]
by asante-fair | 2005-10-29 10:36 | 日記
<< 『顔の見える関係』 かざぐるまレポート 屋台組 >>